ユニクロのソフトレザー黒革ベルト 普段使いのオンオフ兼用ベルトとして

ユニクロのソフトレザーベルト オンオフ ビジネスにも使える黒革ベルト

ここ数年愛用しているベルトはホワイトハウスコックスのブライドルレザーのベルト一本のみ。手入れらしい手入れはしていなくて、オンオフなビジネス通勤も休日も共にベルトが必要なスラックス、チノパン、そしてジーンズ全てで使い回して早いもので四年近くの月日が経とうとしています。
モノを持たないミニマリスト的な暮らしを目指してベルトもこの一本を愛用し続けてきたのですが、他の衣類系アイテムもブランドもの(例えばマーガレットハウエル)と普段使いのプチプラブランド(ファフトファッションなユニクロや無印良品など)と使い分けを始めて久しいので、黒革ベルトについても当てはめようとしばらくの間それとなく探していました。

そのような中でようやく手にしたのが、ユニクロのソフトレザーな黒革ベルト。時折ですが手にするまで時間がかかったのは、個人的にオンオフ兼用使いのベルトに求める仕様がいくつかあるに他なりません。
愛用しているホワイトハウスコックスの黒革ベルトも同じくですが、黒革であること、バックルが銀色シルバーであること、角が丸みを帯びた四角形状であること、ベルト穴の真ん中で自分のウエスト約76cmに合うこと。これらが条件となっていました。

それらの条件を満たすベルトとして、ようやく見つけたのが、ユニクロのソフトレザーベルト。サイズはワンサイズものではなくMサイズと銘打たれているアイテムです。
オンオフ兼用のベルトといえば、カジュアルダウン、クールビズやウォームビズといったファッションコーディネートスタイル的にメッシュベルトも挙げられるかとは思いますが、個人的にそこまで主張してギラつくようなキャラクターでもないので普通のベルトで…といったところ。バックルもゴールドとか真鍮っぽいものは避けてシルバー一択。

今回、普段使いなオンオフ兼用ベルトとして手にしたユニクロのソフトレザー&少し丸みを帯びた銀色バックルベルト。
正直なところ、ユニクロの革製品はまだまだクォリティとしては今ひとつといったところですが、普段使いなので個人的に半ば強引に割り切って手にした次第です。ブライドルレザーなホワイトハウスコックスも同じくですが、働くオトコにとって黒革ベルトは消耗品アイテム。ユニクロの黒革ベルトが代替品になることは今のところあり得ませんが、ホワイトハウスコックスは手入れをしつつ、これら二本を上手に使い分けていこうと思います。

ホワイトハウスコックスのブライドルレザーな黒革ベルト 万能でこれ一本で事足りる

Ad

2016-02-14 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed