モンベルの襟なし長袖インナーダウン ステンカラーコートの防寒対策として

モンベルの長袖インナーダウン スペリオダウン ラウンドネックジャケット

インナーダウンを手にしようと決めて、何だかんだ悩み二年ほどが経ってしまいました。その間、冬の日常用アウターとして、ユニクロのステンカラーコートとモンベルの重厚な化繊ダウンであるフラットアイアンパーカーがクローゼットに加わりました。フラットアイアンパーカーは軽くて非常に暖かく、気軽に羽織れるので重宝しているのですが、やはりいつもの内勤ではなく一歩外勤になった途端に使いづらく、ステンカラーコートの出番となります。

ステンカラーコートは二枚所有していて、一着はコットン製のマーガレットハウエル、もう一つはポリエステル製のユニクロ。どちらもベージュの薄手で、春先含めた3シーズン使い回せるタイプ。出かける場所やその他ファッションコーディネートにあわせて使い分けています。
これらステンカラーコートは、どちらもライナーとしてダウンベストが付いているのですが、正直真冬の京都、しかも早朝通勤の身には少々心許ないものです。

ジャケパンにしろ薄手のセーターにしろ、ステンカラーコートとそれらの間にもう一枚防寒着を挟み込みたい、というわけでのインナーダウン。モンベルに習いユニクロなどもリリースするようになりましが、色々使い回しや羽織ったときの取り回しのしやすさ等々を考慮して、薄手襟なしインナーダウンジャケットブームの火付け役である、モンベルのスペリオダウン ラウンドネックジャケットを手にしました。決め手は襟崩れを起こさない襟なしというところ。

モンベルの襟なしインナーダウン、スペリオダウン ラウンドネックジャケット。薄手ですが800フィルパワーのEXグースダウンが詰め込まれ、ジッパーではなくスナップボタンタイプなので中間着としてごわつきません。

寒さが最も厳しい朝方や帰宅途中の夜にお客さんと会うこともないし、先方に着く少し前の適当なところで脱いでカバンに突っ込んでおけば良いので、特に見た目がどうこうとは気にしません。もっとも、コーディネートによっては上手く組み合わせられるのかもしれませんが、仕事上で外の人と会うときにインナーダウンは無いでしょうと個人的には思うので、オンの日の使い方はそんな感じです。
オフの日も近所のスーパーへの買い出しなどワンマイルウエア的に使用しても良いでしょうし、上からステンカラーコートを羽織ってしまえば街中散策やウィンドウショッピングにも十分でしょう。

主にステンカラーコートの防寒用に手にした、モンベルのインナーダウン スペリオダウン ラウンドネックジャケット。ダウンベストではなく袖あり長袖のジャケットはやはり暖かく、真冬はそれだけで少し幸せな気分。暖房が良く効いた電車内で長袖シャツ一枚下にきているだけでも少しだけ暑いくらいです。都会なら十分というところ。

モンベルの長袖襟なし丸首インナーダウン。オンオフ問わずの日常用、出張先や旅先用含め、お気に入りのスタイルであるベージュのステンカラーコートをもっと使い回せるアイテムとして、このインナーダウンをずっと重宝し愛用していくことでしょう。

モンベル(mont-bell) スペリオダウンラウンドネックジャケット Men’s 1101503 (L, BK(ブラック))

Ad

2016-02-07 | Posted in 衣のこと, , , , , Comments Closed