ネコ用ゲージをDIY自作 ダイソーのワイヤーネットと結束バンドで

我が家のネコ用ゲージは、ダイソーのワイヤーネットと結束バンドでDIY。大きさも自由自在。  #ねこ #ダイソー #100円ショップ

 小さな小さな乳飲み子の状態からネコを飼い始めて早数か月。お迎えして最初の一か月位は、ドキドキしながらシリンジでミルクを飲ませたり排泄の世話を自分たちで行っていたのですが、それも無事に済んだのも今は昔のこと。
 そして、一日の殆どを段ボールに敷いた柔らかい毛布の中で丸まりながら寝て過ごす愛らしい姿を二人眺めながら話していたのは、ネコ用の部屋のこと。

 二人暮らしで日中どちらか家にいる場合はそれで良いのですが、現実問題、無理なこと。一瞬、使用していない部屋丸ごとネコ専用にすることも頭をよぎりましたが、小鳥が数羽鳴いているし、極々普通のファミリー向けマンションなので将来を考えるとこれまた厳しいものです。

 ならば素直にネコ用のゲージをと考えたのですが、さすがペット用品、いいお値段がします。もちろん、購入することに異議は無いのですが、何しろ二人とも初めてのネコなので必要とする大きさが想像つきません。移動しやすい小型のタイプだと狭くて可哀想かも、では快適な大きなタイプだと嵩張り重いので掃除や来客の際の移動が大変。
 そんなこんなでどうしようとしばし悩み出した結論が、取り敢えず様子見も兼ねて自作してみようということ。調べてみると、100円ショップなダイソーのアイテム(ワイヤーネットという商品名でメッシュパネルのようなもの)で可能とのこと。

 ダイソーのワイヤーネットはサイズ各種ありますが、そのワイヤーネットと結束バンドを大量に購入して数十分で組み上げて完成した簡易ゲージが今のネコ小屋。
 ワイヤーネットのサイズ(何だかんだ一マスの大きさが殆ど一緒なのでマス目の数で把握可能)から必要枚数を計算し、結束バンドで接続し、ワイヤーネット一枚分を扉として開閉可能としました。ドアのロックは普通の洗濯ばさみで代用。

 ダイソーの100円アイテムでDIY自作したネコ用ゲージ。取り敢えずワイヤーネット16枚と大きめの結束バンドで最低限の大きさで仕上げました。ゲージの中にはトイレ、ベッドとしてのボックス、爪とぎ板、食事用の皿を備えて完成です。ゲージの下には使い古しのシーツを敷いて洗濯可能に。

 ワイヤーネットで組み上げたDIYなネコ用ゲージ。なにせ軽いので持ち運びというか部屋移動が楽ですし、お金も節約できます。必要ならば小さく縮小も大きく拡大もお手のもの。ネコやイヌ、その他小動物の飼育を考えていらっしゃる方にはオススメです。

 一つ難点を言えば、コスト的に厳しいのでしょうが、ステンレス剥き出しのワイヤーネットの方が衛生面で良いかと思います。ダイソーのワイヤーネットも芯は金属かと思いますが、周囲は樹脂製のような塗装が施されています。ペットが噛んだりして塗装のカスを口に含む可能性があるので、気になる方は塗装無しのワイヤーネットか市販の専用ゲージを考えてはいかがでしょうか。
 今のところ、うちのネコがワイヤーを噛んで塗装が剥げることはありませんが、例えば強い力で噛む中型インコとかは厳しいかなと思います。そもそも、市販の鳥用ゲージは大抵ステンレス線剥き出しなので、まあそういうことなのだろうと思います。

 今回ダイソーの100均アイテムで作製したネコ用ゲージ。結局一店舗だけでは所望のワイヤーネットを必要枚数揃えられませんでしたが、行動範囲内のダイソー各店舗に事前に電話で在庫を調べてもらい取り置き依頼、即購入という流れで取り揃えた次第です。現時点でもネットショップが無いので仕方ありません。気になる方は是非検討してみては如何でしょうか。

ネコ用ゲージ(Amazon)
ワイヤーネット(Amazon)
結束バンド(Amazon)

Ad

2015-08-16 | Posted in 住のこと, , , , Comments Closed