モンベルのメリノウールL.W.なVネックシャツ 春秋冬の日常仕事用アンダーシャツとして

モンベル スーパーメリノウールL.W. Vネック ライトウエイト

 アンダーウエアって直接肌に触れるアイテムなので着心地はもちろんのこと、トップスやアウターの種類によっても暑さ寒さを丁度いい具合に調整してくれるモノが良いですねということで、何だかんだ結局色々試しては悩んでを繰り返してしまいます。
 ここ数年のお気に入りはモンベルのアンダーシャツですが、化繊系のジオラインとウール系のメリノウールシリーズにおいて厚みも各々三種類ということで、試行錯誤な状態。

 これまで、アウトドア系アンダーウエアで一般的な首元形状であるラウンドネック(クルーネック)なシャツを愛用していたのですが、当たり前ですがトップスであるシャツを羽織ると第一ボタン辺りから肌着が見え隠れしてしまいます。もっとも、寒い時期ならば、一番上のボタンまでしっかりと閉めてセーターなどを着込めばいいと思うのですが、個人的なワガママで首元のボタンは開けておきたいという想いがあります。
 それならば、Vネックタイプのアンダーシャツですよねということで、結局のところこの冬に定着したのが、モンベルのスーパーメリノウールL.W.(ライトウエイト)なVネックシャツ。

 夏を除いた春秋冬の三シーズンに対応させたいので基本は長袖タイプ、そして上のような理由でVネックタイプとなると、必然的にアイテムは絞られてきます。モンベルのアンダーウエアの場合は、化繊のジオラインM.W.中厚手と今回のスーパーメリノウールL.W.薄手の二種類。ジオラインのVネックは2014~2015シーズンに新登場したアイテムだと思います。

 今までジオラインのミッドウエイト中厚手シャツもラウンドネックタイプで試したことがあるのですが、運動量的に大したことのない普段使いの日常着として寒さに強いのはメリノウール系。個人的にもそう感じます。そのような理由で、最終的にスーパーメリノウールの薄手タイプを選択した次第です。色の選択肢はオフホワイトというかアイボリーの一択しかありません。下着としてのアンダーシャツメイン使いなので、これで十分といったところ。

 今回、アンダーシャツとして選んで試してみたモンベルのスーパーメリノウールL.W.薄手なVネックシャツ。二月の真冬、昼間の最高気温で六度程度な時期、このシャツを二枚重ね着したうえでジャケパンスタイル、アウターはライナー付コットンなステンカラーコートという、サラリーマンよろしくなコーディネートで出先を駆け回りましたが、寒すぎることも無く何だかんだ十分な感じ。もっとも、マフラーは必需品でしたが…

 この手のアンダーシャツで普段使い用といえば圧倒的にユニクロのヒートテックが強いと思いますが、モンベルやパタゴニアといったアウトドア系ブランドのほうが、保温性と速乾性といった機能的に実体験的にも優れていると感じます。
 今回手にしたモンベルのスーパーメリノウールL.W.はVネックタイプなので、首元を気にせずノーネクタイでトップスの白シャツが羽織れます。薄手ですが、二枚重ね着すればそれはそれは暖かいので必要十分。ヒートテックのように九分丈などの袖短めタイプはラインナップにありませんが、ワイシャツ(カッターシャツ)などの袖口から長袖アンダーが見え隠れして恥ずかしいのならば少し折り返せば問題ありません。

 みぞれや雪が吹雪くほど寒い時はモンベルの暖かいダウンジャケットパーカーとなりますが、それ以外はいい歳したサラリーマンなので薄手なステンカラーコートの出番。ダウンジャケットのように首元までしっかりと隠れるわけではないので、マフラーを巻くとはいえ首元は気になるところ。
 そういうことで今回選んだモンベルのスーパーメリノウールL.W.はVネック長袖シャツ。寒ければ二枚重ね、トップスシャツの袖口が気になるならば折り返してということで、これで日常用のアンダーウエアシャツ選びは終止符が打たれた気がしますというか、打ちたいところです。

(モンベル)mont-bell スーパーメリノウール L.W.Vネックシャツ Men’s 1107265 IV アイボリー S

Ad

2015-03-15 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed