京都 北野白梅町 紫蔵のラーメン 上品な横浜家系ラーメン

京都 北野白梅町 紫蔵のラーメン 横浜家系ラーメン&酒井製麺

 横浜に住んでいた頃によく食べていた家系ラーメンを「京都でも食べたい」と思いに至り、2人で食べに行ってきました。

 京都での家系ラーメンといえば、かつて京都駅伊勢丹の京都拉麺小路内に壱八家があったのですが、大分前に撤退してしまいました。色々調べて、取り敢えず第一弾として、北野白梅町付近にお店を構える紫蔵(しくら)へ。
 正確な場所的には、北野白梅町から西大路通を北上した平野神社横、金閣寺のお近くです。

 日曜日のお昼に向かい、人気店だけれども流石に多少並ぶ程度かなと思っていたのですが、甘い考え。お店の前ではなく、お隣平野神社の外壁に沿って行列が出来ていました。既に二十数人程度の…

 紫蔵さんは12名程度のカウンター席のみのお店。なので、既に待っている人数だけで二回転は必要。結果、一時間程度京都の寒空の下で待ち続け、店内で食券購入、さらにカウンター後ろで十五分程度待ってようやく席に着けました。

 紫蔵さんのラーメンは、豚骨醤油系のスープに、チャーシュー、ほうれん草と海苔のトッピング。まさしく横浜家系ラーメン。味というかスープ自体も普通の横浜家系そのもの。個人的には取り立てて特筆すべきところはありませんが、家系に慣れ親しんだ身としても、普通に美味しいというところです。

 個人的に気に入ったのはご飯。大中小で値段変わらず100円という設定もさることながら、麦が入ったご飯にほんのり胡麻油が混ざっていて独特のお味。このようなご飯を横浜の家系ラーメンでは頂いたことが無かったので驚きでしたが、美味しく、個人的にはラーメンよりもこの白飯=紫蔵という図式が出来上がりそうな気すらありました。

 京都は金閣寺近くの横浜家系ラーメン・紫蔵。個人的には通勤ルートにもプライベートでのエリアともに外れているので、恐らく足しげく通うことは無いと思います。ですが、京都で普通に美味しい家系ラーメンと、何よりも良い具合に胡麻油の香りが食欲をそそる麦入りご飯をスープが絡まった麺、ほうれん草、チャーシューの海苔巻状態で口にかっ込みたいと思えば、迷わず足を向けるでしょう。

 最後に、京都での他の家系ラーメンは今後色々食べていこうと計画しているのですが、少し驚いたのは紫蔵さんの店の雰囲気。厨房は二名のみで、その内お一人が外の行列もチェックされている様子。
 スタッフ同士の掛け声も小さく、おまけにカウンター後ろにも待ち行列があるせいか食べているお客さんも静か。総じて静かで、お店の方も食べているお客さんも学生さんが多いのに上品な雰囲気。横浜ではワイワイガチャガチャな雰囲気のお店が多かったので結構意外でした。
 行列待ちの人気店ゆえに飛び入りのお客が少ないせいか、時間帯等々あるかもしれませんが、個人的には別にもう少し賑やかな威勢のいい雰囲気でも良いんじゃないかなぁというところ。まぁ、この辺りは人それぞれ好みがあるでしょうが…

紫蔵
京都府京都市北区平野宮北町14番地

2015-02-22 | Posted in 日々のこと, , , , Comments Closed