モンベルのシャミース・マフラー 通勤にも使えるシンプルで暖かいマフラー

モンベルのシャミースマフラー

 朝晩が冷え込んでくる秋口、太陽の光は和らいできているのに肌寒い風が吹く春先、ここ数年そんな時に、薄くてコンパクトにカバンに忍ばせられるマフラーを思いついたときに探していました。
 手持ちといえば、四年ほど前に手にしたイギリスはスコットランドのドレイクスのマフラーと、十年以上前に大切な人から贈られた手編みのマフラーの計二枚。

 今でも大切な人からツッコミが入る手編みのマフラーはさておき、愛用していたのはドレイクスのラムウール&アンゴラ素材なライトグレーのマフラー。ラベンハムのキルティングジャケットやネイビーPコートなどと組み合わせていました。
 このドレイクスのマフラーは個人的にコーディネートしやすい配色だったのでお気に入りだったのですが、メインとなるアウターをステンカラーコートにしてから出番が減ってきました。理由はただ一つ、大変暖かく頼りになる肌触りも良い素敵なドレイクスのマフラーですが、ステンカラーコートに合わせるには少し厚ぼったいところが残念なところ。

 ステンカラーコートにあうマフラーの巻き方って人それぞれこだわりがあるかとは思いますが、いい歳なので、遥か昔から定番であるシングル(ワン)ループ巻き一筋にしようかと考えました。そう、いわゆるオヤジなサラリーマン御用達の何のひねりも無い定番中の定番の巻き方です。
 このシングルループ巻きの場合、個人的には愛用していたドレイクスのマフラーは肉厚過ぎていま一つしっくりときませんでした。

 コートの上からシングルループ巻きがしやすい、薄手でコンパクトなマフラーをいくつか馴染のショップで思い出した際に尋ねたり探したりしたのですが、これといってピンとくるアイテムには出会えませんでした。薄手だけれども暖かく、色は大好きなグレーでできれば無地のマフラー。そんなアイテムをドレイクスの代替として探していました。

 そんな折、アウトドアブランドであるモンベルのアイテムを愛用するようになり、ようやく今更ながら見つけたのがモンベルのシャミース・マフラーです。シャミースはいわゆるポリエステル素材のマイクロファイバー繊維のモンベル独自素材であり、つまりはフリースのようなマフラーということ。モンベルの定番マフラーの一つのようです。
 色はGM(ガンメタリック)で、サイズは24cm x 160cm。モンベルのフリース素材の中でも薄く軽いため、コンパクトにカバンに収納できるところも魅力的です。素材的にもシンプルで上品、ロゴも目立たないデザインなので通勤時にも十分使えます。

 今回手にしたモンベルのシャミース・マフラー。コンパクトに収まる薄手ですが十分暖かいので、冬の防寒はもちろんのこと、秋口春先など気候が不安定な季節でもバッグに忍ばせておけば何かと便利なことでしょう。
 個人的な制服ユニフォームとして定着したベージュのステンカラーコートに対して、ボトムスはチノパンにしろスラックスにしろグレーということで、同系色であるグレーのシャミース・マフラーはコーディネート的にも普通にあうことでしょう。

 モンベルのシャミース・マフラー。人それぞれ色柄素材の好みはもちろんのこと、マフラーについてはこだわりの巻き方をお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。僕自身も色々試しましたが、ステンカラーコートがアウターとして定着したので、最近は何だかんだサラリーマン定番のループ巻きに落ち着きました。
 軽くてコンパクトかつ機能性を有するマフラーだけれども、普通にコート通勤にも使えるデザインをお探しの方にオススメです。

mont-bell (モンベル) シャミース マフラー

2015-02-08 | Posted in 衣のこと, , , , Comments Closed