ビルケンシュトックのパサデナ オンオフ使える定番コンフォート系革靴

ビルケンシュトックのパサデナ

 オンオフ使い回せる革靴ということで、ビルケンシュトックのFootprintsラインからKENT(ケント)を購入したのが三年前の出来事です。足に優しく歩きやすいコンフォートシューズとして、文字通り平日の通勤から休日の街中散策まで本当に愛用していました。
 何足か同様の革靴を用意してローテーションを組み、革靴にも休息を与えるのが当然消耗しにくく優しい事だとは理解していたのですが、モノを持たない暮らしを構築する上で横着ですがビルケンシュトックのKENT一足で僕の普段の生活は支えてもらっていました。

 その結果、残念なことに愛用して約二年でソールが裂けてしまい、切れ目というか割れ目がパックリと入ってしまいました。ソールを修理というか交換できることは分かってはいたのですが、個人的には履きつぶした感があること、KENTがビルケンシュトックのシューズとしては定番モデルではないことから、手放すことに…
 そしてその次に履き始めたのが、定番中の定番であるクラークスのブラックレザーなデザートブーツ。こちらは誰もが認めるオンオフ使える万能定番アイテム。デザートブーツにスリムフィットなジーンズなどをコーディネートしたら、面白みがないかもしれませんが鉄板なスタイルに間違いありません。

 クラークスのデザートブーツは万能なアイテムですが、個人的にはもう少し品がある佇まいであればいいなぁと思い始めたとこと、そしてやはり僕の足には幅と甲が少し窮屈だったということから、一年経ったところで早くも代替アイテムを物色することに…

 さて、前置きが長くなりましたが、窮屈なクラークスのデザートブーツの代替として選んだのは、個人的には元に戻ってビルケンシュトックから定番シューズモデルであるパサデナ(PASADENA)。フォルム的には決してビジネス寄りではなくカジュアル向けですが、ビルケンシュトック独特のコロンとした優しいデザインが際立ち、見た目的に既に足幅がある僕の足には心地よい雰囲気が漂っていたのがセレクトした理由です。

 選んだサイズは39の幅広タイプ。毎度のように店員さんに足の大きさを計測していただき、パサデナを念頭にサイズ違いによる履き心地を比べました。僕の足幅としてはビルケンシュトックでいうところの幅広タイプがベストであり、足の大きさ(長さ)的には38が一番しっくりきました。
 しかし、店員さん曰く、38サイズの幅広タイプは希望するブラックは既に在庫切れであること、そして今後の流れとしては全体的に小さい38で幅広なモデルは揃えていく方向には向かわない可能性があること、というお話だったので、かなり悩みに悩んでサイズ39の幅広タイプなパサデナ・オールブラックレザーを手にした次第です。

 今回、足に優しく歩きやすい、長時間椅子に座っていたり新幹線移動というシチュエーションでも安心してカラダを支え身を任すことができる革靴として選らんだのはビルケンシュトックのパサデナ。結局のところ、個人的には再びビルケンシュトックに戻ってきたというわけで、つまりはビルケンの素晴らしいフットベッドと優しい素敵なデザインがやはり好きなんだなぁと思い直した次第です。

 実はこのビルケンシュトックのパサデナを履き始めてから既に約半年弱が経とうとしています。サイズ39の幅広タイプということで僕の足には少し大きめであり、踵が歩くたびにほんの少し浮く感じでした。購入時に店員さんが無償でフットベッド下の前方に調整用のシートを挟んでくださったことで踵の浮きは解消されました。ちなみに、履きこんできてシートがヘタってきたらお越しくださいとのこと。

 個人的には少し大きめのサイズを選ばざるおえなかったのですが、普通に快適に歩けるし走ることも可能なので今のことろ問題はありません。それよりも、靴紐を少し緩めてしばっておくと、そのまま脱げるというメリットが生まれました。僕もそうなのですが、恐らく紐靴愛用者の方で紐をほどかずに脱ぎ履きする行為に目を顰める方は大多数だとは思いますが、月に何度か客先の土足禁止の事務所に窺ったり居酒屋での飲み会等々の際は、紐を緩めてそのまま脱ぎやすいように調整しています。もっとも、逆に履くときは手持ちの携帯用靴べらを利用していますが…

 今回手にしたビルケンシュトックのパサデナ。ビルケンシュトックのシューズタイプの中では定番中の定番なモデル。個人的にはチノパン通勤、休日のスリムフィットなクライミングパンツやジーンズ、果ては少し横着かもしれませんがウール系のジャケパンスタイルでもコーディネートして使い回せるデザインが気に入りました。さすがにカッチリ系なスーツスタイルには厳しいかもしれませんが…
 オンオフ使い回せる革靴選びに色々悩みましたが、僕のライフスタイルと体に優しい機能性、そしてブランドの定番モデルということで、ビルケンシュトックのパサデナを愛用していくことでしょう。そして、ソールが割れたりしたら今度はちゃんと修理に出して大切に履いていこうと思います。

ビルケンシュトック(Footprints)のKENT 履き心地とウイングチップの無骨さが魅力

Ad

2014-12-27 | Posted in 衣のこと, , , , , Comments Closed