モンベルのジオライン厚手EXP.シャツ&タイツ 一枚で十分な暖かさを求めて

モンベルのジオライン厚手EXPアンダーシャツとタイツ

 12月に入り気が付けば厳しい寒波が全国はもちろんのこと、京都にも訪れてきました。ここ数年、ユニクロのヒートテックを卒業して、パタゴニアやモンベルというアウトドアブランドのアンダーシャツ・タイツを愛用してきました。
 もちろん、この流れは今年も変わらず、パタゴニアと比較してお手頃そして体型的にもフィットするという理由でモンベルのインナーを軸としました。

 昨年は、使いまわしの良さとシャツの下に着るためにということで黒色を避けるため、モンベルの中厚手M.W.のメリノウールおよびジオラインをそれぞれ使用しました。僕は寒がりなので、中厚手タイプでは正直厳しいのは分かっていたので、真冬にはジオラインとメリノウールの重ね着という荒業で乗り切る魂胆でした。

 昨年はこのような重ね着で対応したのですが、やはり個人的に中厚手一枚では寒く、そしてこれは当たり前かもしれませんが、インナーの重ね着が面倒かつ機能的なアイテムでも動きづらくなるというデメリットが露わになりました。

 さて、そういう反省を込めて、今年は思い切ってジオラインから最も暖かい厚手Exp.なアンダーシャツ・タイツをセレクト。使用方法としては当たり前ですが、寒がりな僕でも一枚で気持ちよく暖かくなれるという期待を込めての選択です。
 厚手でもジオラインとメリノウールどちらか選択できますが、スポーツというかロードバイクでの自転車通勤やロングライドなども想定して、ジオラインの厚手タイプをセレクトした次第です。

 今回、また新たに手にしたモンベルのジオラインは厚手Exp.なアンダー長袖シャツおよびロングタイツ。先に手にした、同じくモンベルなかでも最も保温性の高い化繊綿パーカーであるフラットアイアンパーカと同様な理由ですが、これ単体で最も暖かくかつ汗や洗濯後の速乾性などの機能性も優れるというところが魅力的です。
 既に最高気温が10度を切り最低気温は2,3度、そして厳しく冷たい風が吹く寒波が到来している12月半ば。着込むことが難しい下半身においても、寒がりな僕ですがジオラインの厚手タイツといつものチノパンでなんとか対応できているところです。
 もし仮にこれ以上の保温性を求めるならば、最後はメリノウール系の厚手タイプを選ぶしかないといったところですね。

(モンベル)mont-bell ジオライン EXP.ラウンドネックシャツ Men’s 1107518 BK ブラック M
(モンベル)mont-bell ジオライン EXP.タイツ Men’s 1107522 BK ブラック M
モンベルのメリノウール/ジオライン・シャツ 真冬の日常着として
モンベルのフラットアイアンパーカ 一枚で十分な冬用アウターとして

2014-12-14 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed