パタゴニアのベターセーター 暖かさと落ち着きを与えてくれる

パタゴニアのベターセーター

 パタゴニアのライトグレーなベターセータージャケットを手にして約二年弱が経とうとしています。
 それ以前から同じくパタゴニアの中でも代表ともいえるフリースの定番・R2ジャケットのブラックを所有していたのですが、街着としてはデザインがスポーティー(アウトドア)過ぎる感があること、セレクトした黒色が未だ肌寒い三月下旬や四月の所謂春先の雰囲気にはそぐわない等々で、一年前くらいに手放しました。

 もっともR2ジャケットでも色味をグレー系統にしていれば良かったのかもしれませんが、モデルチェンジしてからより一層機能性を前面に押し出したデザインとなったので、街着や部屋着としてゆったりとコーディネートしたいという個人的な想いからはかけ離れてしまいました。ですので、今手持ちの所謂フリースとしてはパタゴニアのベターセータージャケットのみ。

 二年弱愛用してきて、その間も思いついたときに代替となる同等なアイテムを探してきたのですが、これがなかなか見つかりません。強いて言えば、同じくアウトドアブランドのモンベルのミッテルレギセーター辺りが近いかもしれませんが、色味の選択肢の狭さととデザインから個人的には代替とはなりません。

 パタゴニアのベターセータージャケット。一見フリースには見えない、普通のセーターのようなニット調デザインかつ内側は柔らかい肌触りのよいフリース素材。ライトグレーをセレクトしたので、日差しが少しずつ暖かくなってくる春先でも、肌寒いとなれば軽く羽織っても見た目的に大丈夫。少し厚目でR2ジャケット比較して重みも感じられますが、それがまた落ち着きと安心感を与えてくれます。

 もし次に代替として検討するならば、同じくパタゴニアのベターセーターシリーズのプルオーバータイプ辺りでしょうか。羽織りにくさ脱ぎにくさはさておき、この件に関してはジャケットタイプの全面ジッパー部分による重ね着時の過度なふくらみ対策といったところ。
 そう、つまるところ、結局はパタゴニアのベターセーターの落ち着いたデザインが好みということです。思想信条はさておき、アウトドアアクティビティではなくお出かけ街着や部屋着として検討するならば、R2ジャケットよりもベターセーターが個人的にはオススメです。

 最後に、重さを除いた唯一のデメリットというか難点を。レビューでも散見しますが、洗濯を繰り返していくと毛玉が出やすいという点が挙げられます。小さな毛玉なので個人的には気になりませんし、これまで結局取るほどでも無い感じなのですが、気になる方は毛玉取り器などをお持ちでしたら併せてお使いになったらいかがでしょうか。

(パタゴニア)patagonia M’s Better Sweater Jkt 25526 DWA M
毛玉取りクリーナー(Amazon)
パタゴニアのベターセータージャケット 部屋着街着を問わない上品なリラックスウェアとして
パタゴニアのR2ジャケット オールシーズン愛用出来る定番品

Ad

2014-12-07 | Posted in 衣のこと, , , , Comments Closed