無印良品の厚手毛布 この毛布一枚にいつまでも包まれたい

無印良品の毛布

 肌寒くなった10月半ばに早々と、しまっていた毛布を引っ張り出してきました。昨年の真冬に購入した無印良品の「あたたかファイバー 厚手毛布」
 厚手なのに軽く、なのに暖かく、肌触りが本当に気持ちよいアイテム。ポリエステル100%なので、気軽に洗濯できるというところも購入動機の一つだったと思います。

 さすがに真冬はこの毛布一枚では夜が寒すぎる時もありましたが、重い掛け布団とかは何となくこの軽い毛布には合いそうもなく、結局は寝間着を着込んだら丁度良い暖かさだったので、昨年は結局この無印の毛布一枚で冬を越しました。

 衣食住を大切にと考えながら、衣と食に関しては少しずつですが一人暮らしの三十路オトコの自分としては納得がいくスタイルを送っています。ですが、住に関しては色々二の足を踏んでしまい、結局のところオトコの一人暮らしに本当に必要最低限なアイテムしか揃えていません。

 この辺りに関しては、そう、大切な人と一緒に選んで揃えたいよね、とか柄にもなく想いながら、結局譲り受けた安物のソファベッドの上で無印の毛布に包まりながら独り天井を見つめている毎日。

無印良品の厚手毛布 肌触りよく軽く暖かい素敵な一枚

Ad

2014-11-09 | Posted in 住のこと, 日々のこと, Comments Closed