三島食品のふりかけ「ゆかり」 お弁当の思い出

三島食品のゆかり ふりかけ

 中学高校の六年間、毎日母親お手製のお弁当生活だったのですが、殆ど決まって白いご飯にふりかかっていたのは三島のゆかり。言わずと知れたお弁当の定番ふりかけ。

 小さい頃から食事の際に言われていたことは、白いご飯にはおかずが一番ということ。だから幼少の頃でもご飯にふりかけをかけて食べるという習慣が全くありませんでした。この辺りはしつけが厳しい親ならではというか、一般的なマナーを叩き込まれた感があります。
 だから、僕個人としてはふりかけといえば三島のゆかりであり、それはお弁当のご飯という式が成り立つだけです。

 社会人になって、もはやいい大人で相変わらずの独り身ですが、たまに自分で作るお弁当にふりかけるのは、やはりこの三島のゆかり。
 別にゴマふりかけとか梅干しとかでも良いのですが、何だかんだこのゆかりがしっくりときます。

 広島にある三島食品の定番ふりかけ「ゆかり」。母親がたまに振りかけすぎて、しょっぱからいお弁当ご飯になって困惑したのは、まぁ素敵な思いでです。

三島 ゆかり 200g

Ad

2014-02-23 | Posted in 食のこと, , , , Comments Closed