エルベシャプリエのデイパック(978N)・ノワール(黒) 色違いで揃えたい逸品

エルベシャプリエのデイパック(978N)

 フランスはエルベシャプリエの定番デイパックの一つであるカーキベージュ色の978Nリュックを愛用しはじめて約1年半が経とうとしています。普段のジャケパン通勤はもちろんのこと、休日の街中散策も殆どこのバッグ一つでまかなっています。

 エルベシャプリエの素敵な発色のナイロン地のデイパック978N。ロゴも前ポケット横にお馴染みの緑タグが付いているだけという上品でシンプルなデザインなので、大人が背負ってもおかしくない。そして当たり前ですが、両手が空くし荷物が増えても負荷が分散されて腰痛持ちの健康にも優しい。薄手のナイロン生地なのでクシュクシュとコンパクトになるし、その柔らかさ故に、例えば片方の肩に引っかけてクルッと前に持ってくればポケットにもアクセスしやすいものです。
 まぁ、端的に言えば、惚れこんでしまうほど好きになってしまったんですね、エルベシャプリエのデイパックを…。

 エルベシャプリエが定番としてラインナップしているデイパック/リュックには、三つあります。よりジャケパンスタイルにも映える細いショルダーベルトをあつらった879NM、そしてショルダーパッドが入って少しベルト幅が太くなった978N、少し大きめとなりコーデュラナイロン生地の946C。
 ジャケパンスタイルでも上品にデイパックをという場合は、細めのベルトタイプの879NMが定番でしょうが、ベルトが食い込む肩付近でのジャケットとの擦れ(摩耗)で洋服に傷が付いてしまい愛用には至らず。結果、一年半前に出会ったパッド入りのショルダーベルトタイプの978Nを使い倒すほど愛用することに。
 このショルダーベルトの太い細いは結構ファッションタイル的に気になるところですが、洋服に傷をつけては元も子もないし、少し重い荷物を入れた時の体の疲れが全く異なるので、個人的にはパッド入り必須かな…と思います。

 さて、ツラツラとエルベシャプリエのナイロンデイパック・978Nへの惚れこみようを書き記してきましたが、このたび、色違いでノワール(黒)を手にしました。これまで使ってきたベージュのデイパックは、僕の基本スタイルでもあるベージュのチノパンとのカラーコーディネート的に良いかなと思って愛用していたのですが、少し今後(秋冬)のアウター等との組み合わせも考えて、黒を一色持っておこうと思ったからです。エルベシャプリエの中でもお値段も比較的お求め安く、形も定番、カラーラインナップも豊富が故に出来ることですね。

 エルベシャプリエの定番デイパック/リュック・978N。パッド入りでもシンプルかつ上品なデザインなので、ジャケパンスタイルのONから休日のオフなスタイルまでカバーできる実用的な逸品。A4クリアファイルも入るので仕事上も大丈夫だし、お弁当箱も余裕に入ります。もちろん、男性女性問わずオススメなのは言うまでもありません。
 これまで愛用していたベージュの978Nデイパックは、汚れも多少目立つようになってきましたがまだまだ活躍することでしょう。そのために、ナイロン生地ということもあって、一度洗濯機にかけて洗濯しようかしら…と考えています(手洗いかもしれませんが…)。
 また、今回手にした色違いノワール(黒)のデイパックを利用したコーディネートは別の機会に…。まぁ、ベーシックな黒なのでコーディネートが難しいほどではないのですが、さてどうなることでしょう。基本的には春夏は明るめのベージュを、秋冬や仕事上では黒いノワールを…といった使い方でまわしていこうかと考えています。

エルベシャプリエ日本公式サイト
エルベシャプリエのデイパック/リュック(978N) ゆるめのジャケパンスタイルに 初めて手にした978N(ベージュ)の記事。サイズ感や細かな個所のレビューはこちらを参考に。明るめのデイパックは春夏には重宝するので、やはり洗濯して色違いで使いまわしていくことでしょう。

Ad

2013-10-30 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed