ビルケンシュトック(Footprints)のソールひび割れ コンフォートシューズKENT

ビルケンシュトックKENTの靴底ソール割れ

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のFootprintsシリーズから初めてコンフォートビジネスシューズKENTを手にして、丁度二年が経ちました。
夏用のサンダルとしてアリゾナを初ビルケンとして手にして惚れ込んで、普段の通勤にもビルケンをということで購入した一足。

二年の間、別途愛用のダナーライトが活躍する大雨や雪の日以外は殆どといっていいほど履き続けたKENT。ある日、小雨の日に履いていて、防水スプレーをかけているのに靴下まで濡れるなぁと思って靴底を見てみると、ソールがパックリとヒビが入り割れていました。

ソールの修理とかお店に持ち込めばしてくれるとは分かっていたのですが、代替の靴がないので一週間ほど騙し騙し履いていたら、(
当たり前ですが)余計にひどくなってしまった次第。そして仕方なしに処分することに…。

靴好きに限らず、スムースレザーといえども革靴を履く上では、何足か用意して履き回すのは常識とは分かっているのですが、個人的にモノを極力まで減らす暮らしをスタンスとして目指しているので、これ一足で普段のジャケパンスタイル通勤に挑んでいました。

二年間にも渡って、普段の通勤とちょっとしたお出かけ時にも活躍して、個人的には「履きつぶした」感があるので、これはこれで少し残念ですが、気分的には少し晴れ晴れといったところです。履きつぶすほど愛用したら約二年ほどでビルケンのソールは駄目になるということも初めて分かりましたしね。

ファッションスタイルというかコーディネートの面でも健康というか身体的にも頼れる一足だったビルケンシュトックのコンフォートシューズKENT。残念ながらこのKENTは廃盤というかシーズンスペシャル品だったのでもう手には入らないのですが、ビジネス系で履きやすく自分なりのスタイルをさりげなく主張することもできるので、通勤で一足セレクトという場合は、ビルケンシュトックのコンフォートシューズはオススメです。

個人的にはビルケンシュトック独特のボッテリとした可愛らしいフォルムは少しお休みして、何事も経験ということで別の定番革靴というかシューズを試す予定です。
それでも、近いうちにビルケンシュトックのコンフォートシューズはまた手にすることでしょう。三十路半ばからの落ち着いたビジネスジャケパンスタイルには外せないデザインに惚れ込んでしまったのですから…。

ビルケンシュトック(Footprints)のKENT 履き心地とウイングチップの無骨さが魅力

Ad

2013-10-16 | Posted in 衣のこと, , Comments Closed