マーガレット・ハウエルのネイビーブレザージャケット ユニフォームを探して

マーガレット・ハウエルのブレザージャケット

 三十路半ばを前にして、個人的に少し焦りつつ自分自身の「ユニフォーム」とも言うべき服飾スタイルを確立させたいと思うようになりました。ちゃんとしたジャケットはマーガレット・ハウエルでこれまで何着か手にしていますが、いわゆるジャケパンスタイルの基本であり鉄板であるウール系のネイビージャケットを持っていませんでした。ネイビー紺ジャケットにグレーのスラックス、黒革ベルトに黒革靴。定番過ぎてつまらないかもしれませんが、男性のジャケパンスタイルの一つのお手本とも言うべきコーディネート。
 ジャケットはマーガレット・ハウエルと心に決めてから約二年半が経ちます。毎年少しカタチや色味、繊維の混合比率が変わるようですが、毎年春夏シーズンコレクションで登場するのがネイビーのブレザージャケット。これまでフラップ式のポケットにこだわっていたので二の足を踏んでいたのですが、シーズン通して見てもウール系でこれはといったネイビージャケットが定番品として登場しないので、このたびようやく手にしました。

 非常に軽やかなつくりのウールリネン生地であつらわれた極々普通のマーガレット・ハウエルのネイビーブレザージャケット。ハッチポケット式でサイドベンツという、これまたブレザーとしては特徴のない定番のタイプです。
 ウールリネンに関しては、丁度二年前にグレンチェック柄のグレーのセットアップを購入しています。特にパンツは自分のワードローブでは貴重なグレー系ウールスラックスパンツだったので、大活躍。愛用していく過程で、薄手のウールリネンで酷使しているスラックスなのに破れもほつれも無いので、生地と縫製の丈夫さは確認済みです。

 話は戻りますが、以前同じように「ユニフォームを探して」と題して、マーガレット・ハウエルのセカンドラインMHLのダーク系のコットンジャケットを紹介したことがあります。秋冬の定番アイテムで生地が丈夫、春先も活躍というアイテムだったのですが、個人的にいかんせん少しピシッとしたシチュエーションで洗いがかかった厚手のコットンジャケットはどうかなぁ…と。おまけにコットンなので、少しずつ色あせも感じるようになってきていました。
 そのような理由で代替を探すことになったのですが、もう一度基本に立ち返って、ウール系のブレザーを…というながれで、今回のウールリネンのネイビーブレザージャケットを僕の新しいユニフォームとして選ぶことにしました。

 今回手にしたマーガレット・ハウエルのウールリネンのネイビーブレザージャケット。
 先日手にしたフェイバリット・シャツ(白い長袖のドレスシャツ)、ドレイクスの50オンスな紺無地ネクタイ、グレーのスラックスパンツ、ホワイトハウスコックスの黒革ベルト、セイコーのシンプルな白文字盤&カミーユ・フォルネ黒革ベルトな時計、ビルケンシュトック(フットプリンツ)の黒革靴(もしかしたらリーガルのストレートチップ)。この組み合わせコーディネートが、僕の新しいユニフォームとなる予定です。

 三十路半ばを目前にしてようやく少しずつ自分なりのファッションスタイルを構築できそうな今日この頃。ただ、独身でこれといってがっつりアウトドアな趣味も無いので、極端なことを言えばオンオフ上記のコーディネートで済ますことも可能ですが、それはどうかなぁと思います。けれど、少なくともオンの仕事関係や少しめかして出かけたい所への対外的な制服(ユニフォーム)としては機能することでしょう。理想的にはそう、人生歳をとってきて街で知り合いに久しぶりに出会った際も、いつもとかわらぬ恰好で…といきたいものなのです。

マーガレット・ハウエルのフェイバリットシャツ シンプルで上質な最高の白シャツ
マーガレット・ハウエルのグレンチェック柄のグレーパンツ 普段使いのグレーパンツを探す日々
ドレイクスの50オンスな紺無地ネクタイ これ一本あれば大丈夫
マーガレット・ハエウル(MHL)のコットンジャケット ユニフォームを探して

Ad

2013-03-24 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed