エルベシャプリエのベージュのデイパック(リュック)を一年間オンオフ問わず愛用してみて

エルベシャプリエのデイパック(リュック)978N

 フランスのカジュアルバッグブランドであるエルベシャプリエの定番デイパック(リュック)である978Nを日常使いして、一年が経とうとしています。バッグに関しては色々浮気性な僕でしたが、文字通り平日普段の通勤であるオンから休日のオフまで、ほぼこのエルベシャプリエのデイパック1個で過ごしました。もっとも、スーツで通勤することは皆無であり、気楽なジャケパンスタイルで大丈夫な職場ならではかもしれません。

 お値段もエルベシャプリエにしてはお求めやすいものですし、上品なナイロン製ということもあり、手入れという手入れはしていません。デイパックということもあり、普段の行動では殆ど地面に置くこともありません。当たり前ですが、例えば解けた靴紐を直すときとかブリーフケースならば地面に置く必要が生まれますが、両手が空いているデイパックならばそんな必要もなし。そういうことで、ナイロンの擦れに摩耗による傷などは特に生まれず。

 ただ気のせいか、購入した当初よりもベージュの色がくすんで黒っぽくなった気がします。京都の街中を一年中連れまわしていたので、排気ガス等の影響でくすんでくる可能性も無きにしも非ず。一年間愛用して、洗濯は一回もしていないのですが、まぁエマールあたりで洗濯機のドライコースを使って優しく洗ってもいいかもしれないなぁと思っています。

 購入にあたっては、色でかなり悩みました。セオリー通り靴やベルトの色等とカバンの色を合わせましょうということであれば、素直にノワール(黒色)なのでしょうが、それだと少し重すぎるよな…ということで、他の色を考えました。
 僕は普段から殆どベージュのチノパンにジャケットというスタイルなので、パンツのベージュと合わせる格好ということでエルベシャプリエのデイパックもベージュを選択。同職ベージュのショルダーパットから伸びるベルト部分は黒色なので、それで靴とベルトが黒色でもどうにかなるかと…。

 フレンチナイロンがあつらわれたショルダーパッド無しの上品で少しお高いデイパック(879NM)の方がテーラードジャケットとは確実にコーディネートしやすく似合うと思いますが、ゆるめのジャケパンスタイルだし、オフの格好を考えるとパッド有りのカジュアルテイストで正解だったと思います。
 オフの日の近所の散策になってきたら、ベースはベージュのグラミチパンツ。夏場はパタゴニアのキャプリーン、秋冬はその上にR2フリースジャケットという流れなので、アメリカンアウトドアに通じるパッド有りの978Nデイパックはオールシーズン似合うと思います。

 今の僕の仕事環境の中で、このエルベシャプリエのカジュアルなデイパックが合わないのは、客先での打ち合わせの時くらいで、一年間のうち両手一杯の回数は有りませんでした。その時は、結局手持ちで残っているアニアリのレザートートバッグを連れ出すのですが、これもまた最近ギラギラ艶がありすぎるよなぁということであまり好みでは無くなってきたのが現状。

 通常のオンオフのときはベージュのチノパンをベースとした緩めのジャケパンスタイルに、このエルベシャプリエのベージュのデイパックを合わせ続けるでしょう。そして、少しかしこまらなければならない場合(そもそもいい歳なので色々考えるんですよ…)は、また別のカバンということで…。
 そう、いい歳に近づいてくるので、もう少しちゃんとしたバッグの一つくらい持っていないとなぁということを最近常々考えるのですが、それでも少なくともオフの日、そしてジャケットなんてあまり関係のない夏場なんて、このエルベシャプリエのベージュのデイパックが大活躍することは間違いなさそうです。

 バッグに関して本当に浮気性だった僕ですが、久々に近いほどヒットしたアイテム、エルベシャプリエのベージュのカジュアルなデイパック。男性にも女性にもおススメです。リュックに上品さをプラスしたいときはエルベシャプリエでしょうということです。

エルベシャプリエ日本公式サイト
エルベシャプリエのデイパック/リュック(978N) ゆるめのジャケパンスタイルに

Ad

2013-02-17 | Posted in 衣のこと, , , , Comments Closed