京都三条 篠田屋さんの皿盛

京都三条 篠田屋の皿盛

 京都市に住んでいるからといって市内全域が「ご近所さん」という訳でもないので行きつけとは呼べないし、外食自体あまりしないのですが、休日に三条~四条河原町付近をぶらぶら散策するときに、たまに入るお店が篠田屋さん。中華そばから普通の焼肉定食なども用意されている、いわゆる昔ながらの定食屋さん。場所は京都市営地下悦三条京阪駅(繋がっている京阪三条駅)の上、ブックオフのお隣。

 オリジナルメニュー皿盛ってあまり聞きなれないですが、カツカレーのカレールーの代わりに、カレーうどんなどで使われるドロッとしたあんをかけたもの。普通のカレールーのがっつりとしたコク感がしないので、うどんだし、少々カレー粉、片栗粉でとろみをつけたといった具合でしょうか。メインの具は薄いトンカツですが、あんの中にもネギのほかに細切れ豚肉が入っていて何となくお得感があります。
 普通のカレールーではなく、とろみがあるので、お蕎麦屋さんのカレーうどんのように最後までアツアツなのがうれしいものです。

 京都三条・篠田屋さんの皿盛。お値段600円。サクッと入って、アツアツをハフハフしながらサッと平らげごちそうさま。素敵な定食屋さんです。

場所:京都市東山区三条大橋東入ル大橋町111

Ad

2013-02-12 | Posted in 旅のこと, Comments Closed