持たない暮らしのシャツや下着の枚数について

ユニクロのオックスフォードボタンダウンシャツ

 ここしばらくの間、いわゆる「持たない生活(暮らし)」というか断捨離というか、まぁシンプルライフを心がけて日々過ごしています。
 所有するアイテム数を抑え、かつ自分にとっての「ユニフォーム」となるような本当に気に入ったモノだけを身にまとい暮らすことは、人によっては刺激が無いつまらないスタイルかもしれませんが、個人的には心地よいものです。

 さて、日々のアイテムを全て見直していくと、数量ベースで意外と多いのがシャツや下着の枚数だったりします。つまり、仕事着でもあるワイシャツ、オフのプライベートで着るシャツやTシャツ、お気に入りの下着や靴下…。

 これら直接肌に触れるようなアイテムの数を、実際のライフスタイルを考慮して出来る限り少ない数に抑えようと辿り着いた結果が、3セット。
 普通に平日は働いている三十路独身オトコとして、毎日洗濯が出来れば理想的でですがなかなかそうはいかないもの。
 仕事で着るシャツ、下着のボクサーパンツや靴下を全て同じモノで3セット揃えとけば、週2回の洗濯で何とか必要最低限着回すことが出来るかな…というところです。

 ありがたいことに、僕はスーツ姿で通勤する必要もないので、オンもオフも同じシャツというかスタイル。だから、ユニクロのオックスフォード・ボタンダウン白長袖シャツ、同じくユニクロのボクサーパンツと靴下という、これら3つのアイテムを3セットというかたちで日々過ごしています。つまり、合計数量では9つ。
 ちなみに、これまたオンオフ愛用しているGAPのチノパンKHAKISシリーズのレギュラーサイズは1本で、シャツや下着と同様に週2回の洗濯で回しています。

 ブランド品ではなくユニクロとGAPというファストファッションで構成しているのは、仕事着として消耗する可能性があることから気軽に追加で手にすることが出来るからです。サイズ感と清潔感には最低限気を使っていれば、これはこれで十分かな…と思っています。
 さらに、上記アイテムは恐らく一年中確実に販売されているアイテムなので、いつ何時でも店に行けば全く同じモノを購入することが出来るのも、日常品として最適。

 部屋着はまた別ですが、オンオフ問わず普段使いする白シャツ、下着のパンツに靴下をそれぞれ3セット、そしてベージュのチノパン1本、合計10のアイテムでありきたりなサラリーマン生活送っています。
 女性には難しいかもしれませんが、男性で服飾系のアイテム数を抑えたいと考えている方に参考になれば幸いです。

ユニクロのオックスフォードボタンダウンシャツ オンオフ使い回せる実用品
GAPのチノパンKHAKIS・レギュラーフィット カジュアル目なジャケパンスタイルに合う

Ad

2012-08-25 | Posted in 衣のこと, , , , , Comments Closed