無印良品のサーキュレーター 夏の冷房節電対策に

無印良品のサーキュレーター

 久しぶりに一人暮らしを始めた昨年も考えてはいたサーキュレーター購入を、ようやく今年の梅雨時期に決めました。細かく突き詰めれば風量等様々な性能の違いがあるのでしょうが、シンプルなデザインとお求めやすい価格というところで、無印良品のサーキュレーターにしました。確かお値段3000円程度。

 既に2ヶ月弱使用していますが、既にこの季節の跳ね上がる冷房による電気料金を考慮すると、既に元はとったと思います。当初のねらい通り、節電と家計の出費を抑える効果は抜群。

 極力モノを持たないシンプルライフスタイルを心がけているので、サーキュレーター購入も悩みました。しかし、コンパクトであること、自分にとって適切な価格であったこと、家計にもエネルギー的にも「エコ」であろうと購入に踏み切った次第です。

 おまけに、別にサーキュレーターは夏場だけ活躍するものではありません。サーキュレーターの設置場所を季節ごとに変えてやれば一年中活躍するとことも魅力です。
 夏場はエアコン(冷房)と反対側の壁に向かって風を当ててやるように設置して冷気を循環。
 夏場はエアコン(暖房)の送風口に向けて風を当てるようにすれば暖気を降ろしてくるように循環。
 まあ、このようにオールシーズン使えそうなので素敵です。

 人それぞれでしょうが、実際の効果も十分だと考えています。帰宅して夕飯を食べたりする12畳程のリビングでも体感温度は十分に冷えますし、それよりも狭い寝室でも効果は抜群です。

 僕は別に人間の生きる限界まで節電して暑さ寒さに耐え抜こうとまで思わない人ですが、やはり節電は人並みに気になりますし、何よりも電気料金が抑えられるのが有り難いの一言。何だかんだ言ってもお金は大切です。

 エアコンが無い部屋や小さい赤ちゃんやお子様がいる場合は、昨今注目を集めている高機能扇風機などを購入されるのも手かもしれません。ですが、いかんせん高価なのも確か。ここは、多少古いエアコンでもちゃんと動くならば、サーキュレーターで効率よく冷暖房環境を構築するのも、ある意味「エコ」かなぁと少し思ったりもする京都の暑い夏の日々です。

Ad

2012-08-19 | Posted in 住のこと, , Comments Closed