片手鍋で美味しいご飯を炊く方法

片手鍋(ミルクパン)でお米を炊く

 冬に手にした無水鍋で白米を炊いては夕食にしているのですが、少しずつ料理のレパートリーを増やそうと思うと、さすがに手持ちの無水鍋でご飯炊き、残りの柳宗理のミルクパン(片手鍋)でおかず作りは不便に感じてきました。だからと言って、極力モノを減らすシンプル生活を目指しているので、むやみやたらに調理器具を増やすのはどうかと思い、単純な発想ですがミルクパンでご飯炊き、無水鍋で副菜づくりという組み合わせにすることに・・・。

 取り敢えず、無水鍋ではない普通の片手鍋である柳宗理さんのミルクパンでご飯炊きを試してみました。

1.お米の量に対して2割増し程度の水を用意(例えばお米250cc分なら水300cc分)
2.お米は手早く洗って30分〜1時間くらい上記分量の水につけておく(別にそのままでも炊ける事は出来ます)。
3.フタをして強火にかけ、フタと本体の間から蒸気が出てきたら(吹きこぼれや沸騰したら)、ごく弱火にして12分。
4.その後、火を止めて8分間蒸らす。

 炊く量やお鍋の大きさなどに影響されると思いますが、ここ最近僕が試して定着しているのが上のような流れです。急いでいたり空腹が過ぎる時は2の行程を飛ばしています。
 抑えておくべきところは、お米と水の量との関係と、一度沸騰させた後に極々弱火にすることくらいでしょうか。これで、片手鍋で軽く一食分のご飯炊きも大丈夫ですし、無水鍋で3合炊きもいけます。
 多種多様なお鍋を持っていないので何とも言えませんが、別に専用の土鍋とかではなくとも、とりあえずフタ付きの鍋であればおいしいご飯が炊けると思います。

 小ぶりで小回りの効く片手鍋で気軽に少量のご飯が炊けるので、空いた無水鍋で煮物や野菜スープを作っている今日この頃。そして一週間に二回程度無水鍋で3合ぐらいご飯を炊いて、それをジップロック・スクリューロックに小分け詰めしてお弁当用としています。

 このように最短でおよそ20分程度で美味しいご飯がお鍋で炊けるので、もう高価な炊飯器とかは今のライフスタイルを続けていく限り必要ないなぁとすら感じてきています。

 そろそろ自炊でもしてみようかと考えている一人暮らしの方、炊飯器のご飯は今ひとつと感じている方、試しにお手持ちのお鍋で美味しいご飯を炊いてみてはいかがでしょうか。

無水鍋レシピ:無水鍋で白米を炊いてみました 冷めても美味しいお鍋ご飯
柳宗理さんのミルクパン 何でもないいつもの毎日をそっと支えてくれる
無水鍋 20cm 【炊いたご飯は、かまど炊きの味】
柳 宗理 ミルクパン 蓋付き つや消し (16cm)

Ad

2012-05-04 | Posted in 日々のこと, 食のこと, , , , , Comments Closed