無水鍋で初めて青魚を焼いてみました 皮が剥がれやすく少し難しい

子持ちイワシのオリーブオイル焼き

 ここ最近、炭水化物(パスタか白米)+おかずは野菜の煮物といった組み合わせが続いているのですが、さすがに動物性タンパク質も取らないとなぁと思い、万能調理器である無水鍋の蓋を使って子持ちイワシなんぞを焼いてみました。

 冷凍してストックしてあった子持ちイワシを解凍後、クレイジーソルトで下味をつけ、オリーブオイルで焼いてみました。普通のイワシではなく、栄養分が卵に持っていかれている感がする子持ちイワシですが、美味しかったです。

 無水鍋で魚を焼いたせいか、冷凍イワシを使ったせいかは分かりませんが、まあ恐らくは火加減の問題でしょう、イワシの皮が僅かに剥がれてしまったというところが唯一の難点。この辺りは例え生姜煮にしてみても、同様な問題が起こりそうです。この点は、お手軽簡単、だけれども寿命があるテフロン加工の鍋やフライパンとは違うところ。仕方の無い事かもしれません(もっとも、僕の無水鍋使いがまだまだというところの方が大きいでしょうが・・・)。

 今現在フライパンは所有すらしていませんが、仮に手に入れたとしてもテフロン加工のものではなく、鉄製のフライパンを考えているので、無水鍋に限らず、ノンテフロン加工という点で今後要検討といったところでしょう。

無水鍋 20cm 【炊いたご飯は、かまど炊きの味】
有元葉子の無水鍋料理

Ad

2012-04-22 | Posted in 日々のこと, , , , Comments Closed