ユニクロのオックスフォードボタンダウンシャツ オンオフ使い回せる実用品

ユニクロのオックスフォード白長袖シャツ

 厳しい寒さが続いていた京都ですが、2月の終わり頃から待ってましたとばかりに本格的に春夏ファッションの販売が始まっています。まだまだ肌寒い今日この頃ですが、街中ではモコモコの厚着では少々恥ずかしい感じになっています。

 僕は一年中基本的にシャツは白い長袖シャツを着ると決めているので、アウター無しのジャケパンスタイルとなった場合の白い長袖シャツは必需品。今まで無印良品のオックスフォードなシャツや洗いざらしのピンオックスなどを試していて、それはもう気に入って入るのですが、サラリーマンのシャツは消耗品。そういうことで、新しい季節に新しいシャツを探していました。

 基本ラインは大好きな無印良品ということになるのですが、一年中上記のシャツが売っていることは無く、しかも何時に販売になるかも分からない、店舗ごとに在庫のばらつきが激しい(特にSサイズなど小さめは・・・)等々、正直少し前から不満でした。別に無印良品に限らないのですが、いわゆる定番アイテムなどは、同じものを一年中、そして十分な数量を実店舗に置いてもらいたいものです。ファストファッションのシャツなんて、言い方は悪いですが「消耗品」なので・・・。

 そのような流れで、ユニクロに。
 シャツに合わせるジャケットは、愛用しているマーガレット・ハウエルの洗いがかかったネイビーのように見えるワークテイスト溢れるコットンジャケット。したがって、フォーマルスタイルではないので、扱いやすいオックスフォードなボタンダウンシャツを探すことに。
 手にしたのは、カジュアルウェアに分類される「オックスフォードシャツ(長袖)商品番号 069233」。形態安定もドライ機能など何も備わっていない、シンプルでベーシックなタイプです。シルエットはイージータイプとかではなく、少し細身でスタイリッシュ、もちろんシャツはパンツ(チノパンやジーンズ)にタックインしやすい丈長め。生地はしっかりと厚手なので安心です。
 似たようなアイテムに、大型店アイテム「オックスフォードシャツ(クラシックフィット・長袖)」があるらしいのですが、余計なダボつきは個人的に必要ないので、シンプルな普通のオックスフォードシャツを・・・。

 あまり頻繁にユニクロを真剣に覗いたことは最近無いので、このオックスフォードシャツが一年中売っているかは個人的に分かりません。ヴィンテージチノがいつも売っているのだから、オックスフォードシャツも大丈夫だろうと楽観視しています。もちろん、お値段もユニクロなので良心的で実用的です。

 愛用しているマーガレット・ハウエルのコットンジャケットに袖を通して、袖口から白シャツがいい具合に覗いたので全てOK。
 ユニクロのオックスフォードシャツの着こなしというかコーディネイトですが、シンプルにパンツは普通のストレートなチノパンかジーンズ、靴はビルケンシュトックの黒革靴といったところでしょうか。このスタイルで、基本的にはオンもオフも、そして出張にも出かけてしまおうと考えています。出張は一般的にスーツでしょうが、職種と出張目的から、別にジャケパンでも全然構わなさそうなので個人的に良しとします。事実、昨年は一回も仕事でスーツ着用は無かったので・・・。ネクタイが必要とあらば、(まだ手にはしてませんが)基本をおさえてレジメンタルストライプのタイプがあれば十分でしょう。

 最後に、今年実践している、モノを100個以内に収めてシンプルで無駄の無い生活を送る「100個チャレンジ」観点から。
 今回手にしたユニクロのオックスフォード白長袖シャツですが、日常的に使いまわす3枚+念のための予備1枚という合計4枚体制で望みます。これまで消耗してきたカジュアルな白長袖シャツは全て捨て、いわゆる白い長袖シャツはオックスフォードボタンダウンシャツ4枚にドレスシャツ1枚という結果になりました。あとは、このシャツが一年中ユニクロに行けば必ず手に入れば・・・と願う次第です。

マーガレット・ハエウル(MHL)のコットンジャケット ユニフォームを探して

Ad

2012-03-04 | Posted in 衣のこと, , , , , Comments Closed