ダナーライトの靴ひもを解けにくく(緩みにくく)する方法

ダナーライトの靴ひも

 ダナーライトブラックを購入してから一年と少しが経とうとしています。ゴアテックスファブリクスが備わっているブーツなので、梅雨時の雨の日や冬の積雪でも、ダナーライトがあればそれはもうガシガシと前に躊躇無く進んでいくことが出来ます。
 トレッキングブーツなダナーライトなので、汚れてもある意味様になります。そう、使い勝手が本当に良い感じの一足です。

 このように、基本的に十分満足して履きつぶしていっているのですが、不満点が2つほど。1つは、これはどうしようもないのですが、柔らかいソフトなビブラム社製ソールなので、アスファルトメインの街中でもすり減り具合が想像以上なこと。もう1点は、ダナーライトに限らないのかもしれませんが、ブーツの靴ひもを上まで編んで結ぶと、意外と緩みやすいということ。
 前者は致し方ないのですが、後者はどうにかならないものかとずっと考えていました。一日何回も靴ひもの緩みや解けを直すのは面倒だし気持ちいいものではありません。

 ダナーライトの靴ひもを解けにくく(緩みにくく)する方法は、単純ですが、普通に蝶結び(蝶々結び)として、さらにもう一度蝶の紐で一回結びをいれること。こうすれば、紐が緩むことも、ましてや解けることもありません。おまけに、少し長めで処理に困っていた紐も、良い具合の短さに収まります。

 ブーツの紐を解けにくくする方法の一つとして、上記の方法はもしかしたら当たり前のことかもしれませんが、取り敢えず防備録的に記しました。個人的にはオススメできる方法だと思っています。

ダナー(DANNER)ライト・ブラック 何処へでも歩いていける定番ブーツ
DANNER(ダナー) DANNER LIGHT BLACK(ダナーライトブラック) ブラック(BK) 6.5(24.5) D-31400X

Ad

2012-02-29 | Posted in 衣のこと, , Comments Closed