柳宗理さんのミルクパン 何でもないいつもの毎日をそっと支えてくれる

柳宗理 ミルクパン(つや消しフタ付き)

 万能鍋として無水鍋を手にして、十年近く前の学生時代での一人暮らしとか二人暮らしとかを思い出しつつ極力自炊している毎日。白米炊きや焼き物蒸し物などは無水鍋に任せているのですが、ちょっとお湯を沸かしたいとか麺を茹でたいとかの場合、仕事終わりで疲れきった身では気軽さという面でどうかなと思い始めました。さらに、無水鍋で調理している時に、同時並行で味噌汁とかもつくりたいですしね。
 そういう訳で、手軽に使えるお鍋として、柳宗理さんのステンレスミルクパン(つや消し、フタ付き)を購入しました。サイズは16cm。素材は定番の18-8ステンレスで耐久性もあり、満水状態で1.2L。

 まあ、極々普通のフタ付きの片手鍋です。デザインとして気に入っているのは、美しいカーブが左右に設けられ、恐らく右左どちらの利き手の方でもお湯を上手に注ぐことができるでしょう。
 気軽にお湯を沸かしたり、ちょっとした煮物をつくったりと、大変役立ちそうです。便利なことこの上なしです。

 さて、柳宗理さんについて少し調べていたら、昨年2011年のクリスマス12月25日に永眠につかれたとこと。かなり昔から柳宗理さんのSORI YANAGIデザインについては、何となく耳にしていたしお店でも気にはなっていただけに、少なからずショックを受けました。ご冥福、お祈り申し上げます。

 今回手にした柳宗理さんのステンレスつや消しフタ付きミルクパン。つや消し具合がどことなく懐かしく感じられる、(良い意味で)極々普通の片手鍋。何のことはない普通でいつもの僕の毎日を、目立たずそっと支えてくれることでしょう。

柳 宗理 ミルクパン 蓋付き つや消し (16cm)
CasaBRUTUS特別編集 新装版 柳宗理 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS) (2008年の特集ムック本)
柳宗理 エッセイ (平凡社ライブラリー)

Ad

2012-02-20 | Posted in 食のこと, , , Comments Closed