パタゴニアのR2ジャケット オールシーズン愛用出来る定番品

パタゴニア R2ジャケット

 オールシーズン使用出来る防寒着として、2012年初めに色々悩んだ末、定番中の定番であるパタゴニアのR2フリースジャケットを手に入れました。サイズは他のパタゴニア製品同様XSサイズを選択。
 底冷えする京都の真冬における防寒対策で言えば、その上のR3やR4がより適しているとは思うのですが、モノを極力厳選してシンプルライフを送る100個チャレンジを今年の目標に掲げているので、春夏秋冬肌寒くなったら気楽に羽織れる定番のR2ジャケットにしました。肝心の防寒の意味では、その下のベースにキャプリーンシリーズ最強のR4シャツを身につけて対処しています。

 このR2ジャケットで一番気に入っている点は、パタゴニア製品の中でも定番中の定番であること、そしてなにより短毛(起毛)仕上げの表面が本当に品があるというところです。
 この短毛具合により、R2単体では正直弱い防寒防風機能が、例えばその上に防風着などを羽織れば、隙間にデッドエアを蓄え十分な暖かさを生んでくれるという効果が生まれます。けれど、個人的には見た目のデザインとして気に入っています。ユニクロなどで昔から売られているフリースには無いその起毛具合が、品のある暖かみを醸し出していると感じています。

パタゴニア R2ジャケット
 一部にはメッシュ生地が採用されていますし、光に向けて掲げてみればうっすらと透けるほどのニット構造の生地なので、汗をかいても速乾性があります。
 また、伸縮性のあるポーラテックのストレッチ素材も一部採用されているので、スリムフィットタイプではありますが動きやすいという点も見逃せません。

 今回手にしたパタゴニアの定番中の定番R2ジャケット。軽量でコンパクトにたためるR2フリースジャケットなので、個人的には春夏の旅行時等にもバッグに気軽に忍ばせておけるので重宝しそうです。また、春夏秋冬オールシーズン肌寒さを感じたら羽織れそうなので、いわゆるオフに着用するジャケットとしてこれ一着あれば大抵事足りるでしょう。厚着している感覚が薄い、スリムで薄手のフリースなので、ジーンズはもちろんのこと愛用しているGAPテーラードスリムフィットなキレイめチノパンにも違和感無く合わせられると思っています。

 パタゴニアのR2ジャケットは、例えばユニクロの定番フリースと比較すると驚くほどお高いお値段です(21000円)。ですが、これ一着あれば機能的にもデザイン的にもオールシーズン大丈夫という点、定番のR2ジャケットという長く愛用出来るブランド性を考えると、一着持っていれば重宝すると思います。僕もオフの日に気軽に羽織れるジャケットとして、今後永らく愛用していくことでしょう。

(パタゴニア)patagonia M’S R2 JKT 25136-3 BLK Black (155) XS

Ad

2012-02-04 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed