パタゴニア・キャプリーン4のフルジップシャツ 冬のアンダーウエアは保温性&速乾性重視で

パタゴニア キャプリーン4・エクスペディションウェイト・フルジップ

 昨年末に初めてのパタゴニア製品として、一番保温力に優れるキャプリーン4のタイツを購入したのですが、その暖かさに惚れ込んでしまい、ベースレイヤーとしてトップスのプルジップタイプなシャツも手にしました。身長が163cm程度と低く標準体型な僕なので、迷わず一番小さなXSサイズを選択しましたが、それでもピタット感まではいきません。ですが、まあ大き過ぎて困ってしまうほどではないので、個人的にはよしとしています。

 同じ素材が使われたキャプリーン4・エクスペディションウェイトのシャツには、他に上半分でジップアップのものやクルーネックタイプのものがありますが、現時点でハイネックタイプでジップアップ無しのタイプが存在していないので、首周りの保温優先でこちらのハイネック&フルジップアップタイプのものにしました。

パタゴニア キャプリーン4・エクスペディションウェイト・フルジップ ジッパー式のハンドウォーマーポケットが付いています。しっかりとした厚手で、このようにポケットも付いているので、ベースレイヤーですが見た目的には下着には見えにくく、普通のジャージ感覚でこのまま外に出てもそう違和感は無さそうです。
 パタゴニアのロゴは、着用して左(写真では右)の下にエンボス加工のような感じで目立たないカタチで入っています。この目立たなさも人によっては好みに感じられるかもしれません。

パタゴニア キャプリーン4・エクスペディションウェイト・フルジップ 裏地ですが、丁度ポケットの裏地部分がメッシュタイプになっており、その他は温かい起毛フリース面となっております。ボトムスのタイツと同じですが、まさしくアンダーウエア(下着)的なベースレイヤーなのに下手なフリースよりも暖かいといったところでしょうか。

 5.9オンス・ポーラテック・パワー・ドライ・ポリエステル素材を採用したパタゴニアのキャプリーン4・フルジップタイプのシャツ。厚手で暖かく保温性と速乾性に優れるアイテムですが、さすがに愛用の無印良品の白シャツの下に着用することは想定していません。
 実は平日の仕事の際も、特にスーツでなければならないとか最低限ジャケパンでなければならないとかという職場ではないので、寒い寒い冬は、このキャプリーン4のシャツの上にフリース、さらにナイロン系素材のアウターを着用して出勤しています。その辺りのレイヤー術に関しては近いうちに別の機会で・・・。

 最後に、今年2012年の目標100個チャレンジ(個人的な身の回りの持ち物を100個以内に収める)の観点から・・・。キャプリーン4のタイツも今回のシャツも、一枚しか購入していません。タイツの下にはユニクロのボクサーブリーフを着用していますが、アンダーウエア的に利用しているのに一枚はどうか・・・と思われるかもしれません。
 個人的な感覚で申し訳ないのですが、特に激しい運動をしていない状態であれば、グラディオドー防臭加工が施されているキャプリーン4の場合、特に汗の臭いとかは気になりません。洗濯は週に2回というこれまで通りのサイクルで、いまのところ問題は感じていません。
 パタゴニアのキャプリーン4は下着と考えたら正直安いお値段では決してありませんので、毎日洗濯済みのものを着用するだけの枚数は個人的には非現実的です。100個チャレンジの観点から最低限の一枚としましたが、気になるようであれば速乾性にも優れるので毎日洗濯する事も可能だと思います。

 パタゴニアのキャプリーン4・エクスペディションウェイト・フルジップ。これ以上無い保温性に優れたベースレイヤーの一つでしょう。サイズや昨今のパタゴニア製品に関する問題(内外価格差やシーシェパード云々)が気になる方でしたら、同じアウトドアブランドであるモンベルのジオライン・エクスペディション辺りもチェックされてみてはいかがでしょう。

【正規取扱店製品】patagonia パタゴニア キャプリーン4エクスペディションウェイトフルジップ男性用 43630 フォレストグレン M
(モンベル)mont-bell ジオライン EXP. ハイネックシャツ Men’s 1107460 BK ブラック M
パタゴニア・キャプリーン4ボトムスタイツ 底冷えする冬に備えて

Ad

2012-01-15 | Posted in 衣のこと, , , , Comments Closed