Back to the Moleskine ソフトカバーのモレスキンをポケットに詰め込んで

モレスキン・方眼ノートブック(ポケット・ソフトカバー)

 一年くらいでしょうか、愛用していたモレスキンでのユビキタスキャプチャーをストップして、B5サイズのリングタイプのノートを利用して仕事をこなしていました。複数のプロジェクト、日々押し寄せる細々とした雑務的な仕事をB5ノートに中途半端にキレイにまとめて、何とか乗り切っていました。

 メモともまとめともつかない中途半端なノート。他人にデータを提示する必要があるプロジェクトに関してはパワーポイント辺りでサクサクっとスライドとして纏めてしまうので、ノートは文字通りそのまま「中途半端」なまま。纏まっていない大きなサイズのノートほど、使い勝手が悪いものはありません。

 結局、かつて愛用していたスクエアードな方眼モレスキン・ポケットサイズに戻りました。もちろん、手に最高に馴染むソフトカバーのモレスキン。
 無造作にチノパンのヒップポケットに突っ込み、都度必要になったら取り出し、書きなぐり気味にメモして・・・。決して安くはないモレスキンですが、気にせずガシガシ使い倒しています。必要な事柄は全てモレスキン一冊に。もう手放せないですね。

 しかし、あまりにも普通に僕に馴染んでいて、そして愛しすぎているので、イマイチなコメントしか出来ません。もしソフトカバーのポケットサイズがモレスキンに無かったら・・・考えられないですね。

モレスキン ソフトカバー・スクエアード(方眼)・ノートブック ユビキタスキャプチャー用 手の馴染みに心底惚れ込んだ
Moleskine Soft Cover Squared Notebook

2011-10-11 | Posted in 技のこと, , , 1 Comment »