リビングダイニングにはローテーブルだけで十分かもしれない

無印良品のローテーブル

 住環境を近々変えるかもしれないというか変える予定です。三十路の独身オトコの一人暮らし、実家も近所という事で、特段揃える必要があるものが多いという事は無さそうなのですが、身一つで住むわけにもいきません。
 取り敢えず最低限必要なものを考えていくなかで、外せないものにテーブルが挙げられます。食事をするのにもMacBook Airに向き合うのにも、最低限一つはテーブルが無いと生活出来ません。

 僕は家で仕事をするという事も余り無いので、取り敢えずは本当に一つだけテーブルが必要となってきます。検討している物件は、狭いながらもリビングダイニングがあるので、オトコの一人暮らしの就寝以外は殆どそこで生活する事になるでしょう。
 リビングダイニングと言えば、将来家族が出来た(増えた)場合も考えて、4人掛けくらいのダイニングテーブル+椅子が一般的でしょうが、シンプルライフを突き詰めて、代わりにローテーブルを考える事にしました。

 リビングダイニングにローテーブルということで、もちろん椅子も必要ありませんし、高さも低いので圧迫感も無く空間の節約にも繋がります。
 写真は無印良品のナチュラルなローテーブル。実際に購入するかは未知ですが、感じとしてはこんな商品を考えています。

 適度な大きさのローテーブルならば、急に6人掛けとなっても対処出来ます。いわゆる一般的なソファも購入せず、カーペット(ラグ)と座椅子(もしくはクッション)みたいなものがあれば十分でしょう。無駄な出費も抑えられます。

 今現在、実家暮らしの身なのですが、ダイニングには昔ながらの少し立派なダイニングテーブル+6脚の椅子、そして少し離れてリビングにはソファ+ローテーブルといった構成で暮らしています。しかし、何だかんだ一番利用するのはリビングですし、下手したらつづきとなっている和室でくつろぐといったスタイル・・・。ダイニングテーブルはあまり使いません。
 そんなスタイルに慣れてしまっているので、恐らく自分の家にダイニングテーブルがあっても使う事はあまりないでしょう。ローテーブルで十分です。

 将来はまったくもって未知ですが、例えば結婚して家庭を持ち、例えば子供が出来た場合を考えると、やはり安全面でもローテーブルが最適です。その辺りの遠い将来の事も頭に入れて、取り敢えず新居で検討するテーブルとしては、シンプルなローテーブルにしようと思います。

Ad

2011-04-03 | Posted in 住のこと, , , Comments Closed