無印良品の形態安定セミワイドカラー白シャツ キレイめジャケパンスタイルに

無地良品のセミワイドカラー白シャツ

 昨年の夏から無印良品のオーガニックコットン・ボタンダウン白シャツを愛用していました。秋冬愛用していたマーガレット・ハウエルのモールスキンジャケットのしっかり&厚手感には、組み合わせ的にあまり違和感を感じなかったのですが、春夏用の薄手なキレイめジャケットを試着している時にオックスフォードなボタンダウンのカジュアルさが気になり代替の白シャツを探し始めました。その結果に辿り着いたのが、同じく無印良品のセミワイドカラーな白シャツです。

 新しい僕なりの定番白シャツに下記のような項目を求めました。
・上品な白い長袖シャツであること
・定番であること
・ネクタイをしなくても様になるようセミワイドカラーであること
・できれば形態安定が望ましいけれど綿100%であること
・しっかりとパンツに収まるほど着丈が長いこと
・ジャケットの袖口からシャツが覗くほど十分な袖丈長さであること

 あとはジャケットとの相性(見た目の感覚)をチェックしました。
 上の項目は個人的には究極な要求なので、それを一度無視した形でいくつかのシャツをチェックしました。じっくりと試着したのは、ユニクロの新しい定番である+Jの白シャツとアメトラの定番であるブルックスブラザーズのボタンダウン。どちらも素敵なシャツなのですが、残念ながらいい感じのサイズ感が得られませんでしたし、ジャケットとの相性も今ひとつな感じでした。

 究極的にはマーガレット・ハウエルのフェイバリットシャツなのですが、日常使いを考えるとお値段的にはもう憧れの世界。こうなったら伊勢丹メンズでドレスシャツをオーダーしようかと考え、何回か訪れ店員さんにも色々質問したのですが、形態安定は綿100%の生地がなく化繊入りであったり、お値段もかなり良心的(生地によって異なりますが10500円位から)なのですがそれでも日常使いには勇気がいる云々で二の足を踏んでいました。
 それじゃあ困った時の無印良品ということで一応チェックしようと向かい見つけたのがセミワイドカラーの白シャツです。

 この無印良品のセミワイドカラーシャツは、個人的な要求項目を全て満たしており、綿100%(内オーガニックコットン70%)、そして少しフィットなSサイズ(着丈72cm、肩巾41cm、胸巾99cm、胴巾87.5cm、裾巾101cm、袖丈62cm、裄丈82.5cm)で丁度良いサイズ感です。ワイシャツというかドレスシャツ感覚でも着られるので、普段のキレイめジャケパンスタイルはもちろんのこと、(少し強引かもしれませんが)ネクタイをすればスーツスタイルでもありかなと思っています。

 秋口に購入したこれまで愛用の無印良品のボタンダウンは、春先の今も普通にお店にいけば置いてある定番シャツです。今回のセミワイドカラーシャツがどの程度定番なのかは不明ですが、まあ無印なので大丈夫でしょうと楽観視しています。
 ボタンダウンの時に不満だった着丈の長さ(BDは少し短めで腕を思い切り上げたら裾が出てしまいそうでした)やカジュアル感は解消され、基本的にオンオフともに変わらぬジャケパンスタイルの僕の新しい定番白シャツにこの形態安定セミワイドカラーシャツはなってくれそうです。

Ad

2011-03-05 | Posted in 衣のこと, , Comments Closed