iPhoneからMacにアドレス帳を移行してみました

 MacBook Airの11インチモデルで初めてMac生活を送り始めたのですが、懸念していた事が一つだけあります。それは、故障して復帰しなくなったWindowsPCでも同期していたiPhone4のデータ移行です。

 個人的にそれほどiPhone中に大切なデータは無く、アドレス帳、音楽ファイル、アプリの3つが新しいMacでも無事に生きていれば問題ありません。その中で、個人的にもっとも重要なのはアドレス帳です。
 音楽ファイルは数曲を残せば他はレンタルCDからリッピングしたものですし、有料アプリも数えるほどしかありません。一方、アドレス帳ですが、僕は携帯番号をやり取りするような友人は数少ないですし、それほど頻繁に電話もかかってはこないのですが、それでも相手の番号というのは重要なデータである事には間違いありません。

 さらに、困った事に、前に同期していたWindowsPCは復旧不可能なので、HDD中のデータを麦アップする事は出来ません。そんななか、取り敢えずアドレス帳だけでも・・・という思いで新しいMacBook Airと同期してみました。

 iPhone4をMacBookに初めてコネクトすると、特に何かが起こるということもなく、いつものように***のiPhoneがiTunesのサイドバーに登場しました。おまけにiOS4.2へのアップグレードもすすめられましたが、そんなことよりもアドレス帳の移行のほうが重要です。

 アドレス帳の同期で重要なのは、連絡先で「アドレスブックの連絡先を同期」にチェックを入れ、下の方にある詳細中の「このiPhone上で置き換えられる情報」下のチェックボックスを何もつけない事です。

Mac iTunes & iPhone

 そう、iPhoneのデータをMacに移行するには、必ずチェクボックスをチェックしないというところだけ間違えなければ大丈夫です。ボックスをチェックした場合、今回の僕の場合、まっさらなMacのアドレスブックにiPhoneが移し替えられる事になってしまいます。

 以上のような流れでアドレス帳に関しては、無事に移行可能でした。MacBook上でアドレス帳を弄って、MacからiPhoneへの同期も試しましたが(この場合はチェックボックスをオン)、上手くいきました。

 因に、アプリに関しても全て移行できたのですが、音楽ファイルに関しては、CDからリッピングしたものは全て消えてしまいました。iTunes Storeで購入した音楽に関してはすんなり移行出来たのですが・・・。この辺りは、もしかしたらまた別の機会にまとめて記すかもしれません。

 最後に、あくまでも上記のアドレス帳に関するiPhoneから直接Macへの移行に関しては、自己責任でお願いします。他のサイトや経験者に確認をとられて、そして念のため本当に重要なアドレスは控えるなりしておく方がベターだと思います。

Ad

2011-01-10 | Posted in 日々のこと, , Comments Closed