スターバックスのロゴ変更と三十路オトコのカラダの事情

スターバックス 2011年 新しいロゴ

 2011年に入り一週間も経たない今日、スターバックスのお馴染みの黒と緑のロゴが変更されるというニュースが飛び込んできました。STARBUCKSというロゴもCOFFEEの文字も消え、アクセントとなっていたブラック色も無くなり、代わりに緑に白抜きの大きめの人魚というスタイルとなるようです。

 賛否両論というか馴染みの方々にとっては違和感の方が大きいようです。僕自身もアクセントとなっていた黒色はロゴに残してほしい気持ちで一杯なのですが、創業40周年を記念して考案された新しいロゴに込められた新しいスターバックスの進む方向性には賛成です。
 なぜなら、個人的に三十路を過ぎた近年、あれほど好きだったコーヒーを飲むのが少々しんどくなってきたからです。

 コーヒーの味を覚えた中高生の頃は砂糖たっぷりのミルクコーヒーや、甘い甘いチョコレート+ブラックというスタイルが好みだったのですが、二十代半ば位から嗜好がブラックオンリーという状態にかわりました。
 もちろん今でもカフェでコーヒーを注文するときはブラックなのですが、歳をとってきたせいか、飲み過ぎのせいか、少々胃にこたえるようになってきました。ショートサイズでも長時間十分に粘れるくらいチビチビと啜るようになってきたのです。

 コーヒーは大好きなのですが、そのような体調の事もあって、実はここ最近おいしい紅茶メニューを探すようになってきました。スターバックスにももちろんティー関連のドリンクはありますが、まだまだ不十分。
 仮に今回のロゴ変更により、コーヒー以外のドリンク(個人的には紅茶やグリーンティーあたり)の充実が図られると有り難いと思っています。だって、気軽に入れる紅茶充実のカフェってあまりにも少ないので・・・。

 COFFEEの文字が消える今回のロゴ変更で、非コーヒードリンクの充実が図られるかは未知ですが、スターバックス・クオリティーで是非ともお茶メニューの充実と提案がされれば・・・と思っています。
 それでも、個人的に黒と緑のカラーデザインは残してほしかったなと、少し寂しい気持ちもあります。

 スターバックスは街の至る所でお馴染みとなっているだけあって、今回のロゴデザインの変更は、少しだけかもしれませんが、街の雰囲気を変えてしまう可能性があります。その辺り、景色の変化も気になるところではあります。

Ad

2011-01-06 | Posted in 日々のこと, , , , , , , Comments Closed