ショルダーバッグで通勤はしないし基本的に持たない

アニアリのトートバッグ

 ダイエットをして10年前の20代になった頃と同じ体型に戻り、ファッションにも色々気を遣うようになりました。道行く人々の洋服や小物をさりげなくチェックしたりして思ったことの一つに、ビジネス用ショルダーバッグの肩掛けほど格好悪いものは無いということが挙げられます。

 いったい何が入っているの?と思いたくなるほどパンパンに膨れあがったナイロンのブリーフケースをベルトで肩掛けして歩くビジネスマン・・・。可哀相にスーツのジャケットは崩れてしまって台無しになっています。さらに無茶に前ボタンをしっかりと留めているので、見るも無惨な格好に・・・。
 ブリーフケースの肩掛けは重い荷物の時には楽でしょうが、その重さがジャケットを不格好にさせてしまいます。

 有り難いことに、僕の今の職場はジャケパンはOKですし、基本カバンも何も言われないのでアニアリのトートバッグを持って行っていますが、仮にブリーフケースやスーツが必要な職場に配置換えになったとしても、僕は必ず手で持って通勤するでしょう。

 最後に、毎日満員電車に乗って思うことがあります。それは、TUMIやらブリーフィングのバリスティックナイロンなブリーフケースを2wayで肩掛けしたり、アウトドアブランドの大きめのバックパックで通勤されているサラリーマン・・・、我先に良い位置を確保しようと乗客を押しのけて中に進もうとするのは別に構いませんが、カバンが他人に当たって非常に迷惑・・・。
 服装も乱れているし他人にも迷惑・・・。そのような光景を見て、僕はショルダーバッグやごついバックパックでの通勤は基本的にしないし基本的に持たない・・・と心に決めました。

Ad

2010-12-25 | Posted in 衣のこと, , Comments Closed