Drakes(ドレイクス)のマフラー 一緒に佇む手編みのマフラーを見つめると少しセンチメンタルな気分

Drakes(ドレイクス)のマフラー ウール&アンゴラ

 11月も半ばですが、朝晩は冷え込み、昼はそこそこ暖かいという寒暖激しい季節となったので、マフラーを巻いての通勤スタイルとなりました。ここ数年間というか殆ど、マフラーなんて巻かずに寒空の下過ごしていたのですが、ファッションアイテムの新調と整理を繰り返し、この度、新しくマフラーを購入することに。
 冬場のアイテムとして、マーガレット・ハウエルのモールスキンジャケット、ラベンハムのキルティングジャケットをセレクトしたので、ここは永らく愛用できるブリティッシュトラディショナルなマフラーでしょうということで選んだのがDrakes(ドレイクス)のマフラー。言わずとしれた、英国トラディショナルなマフラーブランドです。

 さすがにドレイクスのカシミアマフラーとなると、ちょっと分不相応なくらいのお値段がするので、ブランドの定番でもあるラムウール&アンゴラでできたマフラーから検討することに。この素材の組み合わせの手触り等は京都の伊勢丹メンズでも確認できたのですが、気に入った柄がなかったので、今回は珍しく楽天でお取り寄せ。それが、ダークグレーとライトグレーの裏表組み合わせでオフホワイトのストライプが少しフォーマルな雰囲気を醸し出している柄デザイン。

 お気に入りの通勤カバンであるアニアリのトートバッグに忍ばせ、寒かったら巻くというスタイルをとっています。マフラーの巻き方は寒さ(外気の場合やお店の暖房のなか等)で変えながら、ドレイクスのマフラーを楽しんでいます。

 マフラーの巻き方は様々なスタイルがあると思うのですが、個人的にも参考になるのが、下記のUKismさんの紹介ページです。

UKism マフラーの巻き方辞典

 カシミア100%ではないのですが、当たり前ですがラムウール&アンゴラの組み合わせも十二分に首下を暖かく包んでくれます。
 個人的には、どうして今まで積極的にマフラーを巻かなかったのだろうと激しく後悔するくらい、その肌触りと暖かさに寒空の下、ホッとしています。なので、秋冬のファッションはマフラー無しでは完結しないと断言できます。もちろん、モコモコのダウンでガッチリガードしている場合は別ですが・・・。

Drakes(ドレイクス)のマフラー ウール&アンゴラ
 ブリティッシュトラディショナルなマフラーブランドの代表格であるドレイクス(Drakes)のラムウール&アンゴラのマフラー。Made in Englandではなく、スコットランド製です。永らく愛用できる定番のマフラー。

 ただ一点難点を言えば、マーガレット・ハウエルのモールスキンジャケットと直接組み合わせた場合、毛糸がジャケットに付いてしまうというところでしょう。簡易ブラシでも常備しておこうと強く思いました。

 さて、愛用のマフラーが手に入って、珍しく秋冬のマフラースタイルを楽しんでいるのですが、僕のクローゼットには十年前くらい前にプレゼントされた毛糸の手編みマフラーが佇んでいます。オトコは女性からみれば笑えるくらい、センチメンタルでロマンチストな生き物です。
 ダークグレーにライドグレーのポイントがあつらえられた手編みの毛糸のマフラーを横目に見つつ、心が締めつけられるような想いのなか、ドレイクスのマフラーを巻いて出勤する・・・。いつの日か、毛糸のマフラーをほつれた箇所を直してくれたら・・・なんてまた、相変わらずセンチに想ったりもする今日この頃なのです・・・。

【正規取扱店】 DRAKE’S ドレイクス チョークストライプマフラー 74 GREY NATURAL

Ad

2010-11-14 | Posted in 衣のこと, , , , , Comments Closed