JINSでAir frameを購入 極薄レンズでも追加料金無しは驚き

JINS, Air frame

 最近、バタバタと秋冬ファッションアイテムを買い揃え、自分が本当に気に入って長い間愛用できるモノばかりに囲まれて満足して物欲も収まったのですが、ふと、一年中絶対に無くてはならないアイテムがあるじゃないか・・・と今更気づいたのが、メガネです。
 小学校5年生くらいの頃からメガネは必須で、これまで一度もコンタクトに浮気などせずにメガネ党なのですが、ここ十年くらいのメガネの驚きの価格下落ぶりで十年間で3つの格安メガネを愛用しています。
 この度、それこそ生活になくてはならないものなので、定番として999.9(フォーナインズ)や川崎和男さんのメガネを考えたのですが、イマイチ、コストパフォーマンスというか気分がのらなかったので、格安プライスのJINS(ジンズ)で選ぶことに。JINSは今回が初めての利用。

 関西に戻ってきて、既に別のお店でメガネを購入したことがあり、今利用していて特に不満とかはないのですが、電車の中吊り広告でやたら目に付くJINSを試してみることに。お目当ては、広告と同じAir frameシリーズ。
 広告は、オダギリジョーさんと栗山千明さん登場の「私は軽い男(女)です。」という刺激的なキャッチコピーのもの。話はそれますが、このお二人、テレビ朝日系列のナイトドラマ『熱海の捜査官』コンビですね・・・。

 京都の場合、烏丸の大丸にお店があったので、赴くことに。JINSの価格や噂については調査済みだったのですが、改めてお客さんの多さに驚きました。完全に格安ファッションアイテム並の手軽さでメガネが売れています。

 初めてのJINSだったので、お手並み拝見ということで、視力検査からしてもらうことに。気に入ったフレームを選んだ後にシートに名前等を記入して検眼。今現在付けているメガネのチェックは無しにしたのですが、確認でチェックされることに。
 予想通りの視力の悪さで、今のメガネと同じ度数を希望したところ、案の定、取り寄せの極薄レンズ(屈折率1.70)となり一週間後に引き取りとなることに。予想通りだったので、これまでの経験上、値段も5990円に追加なんだろうな・・・と思っていたら、ポッキリそのままの価格。正直、初めての体験なので驚きました。安すぎます・・・。

 実は、先だって無印良品で同じように今のメガネをチェックして貰ってレンズを検討したら、追加料金5000円くらいを要求されました。もともと10000円くらいにプラスということ。さらに、他のお店でも同様な感じだったので、JINSの価格破壊ぶりは驚きです。

 今は未だ手元にないのですが、今付けているスクエアタイプだと同じだしということで別のタイプを検討してあれこれ試し、行き着いたのが適度な大きさのウエリントンモデル。色はグレーっぽいもの。迷わずカウンターに持っていったのですが、後からモデル番号をチェックしたら、女性向けウエリントンでした。どうりで、別のタイプのウエリントン(メンズですね)を試した時には、大きすぎでやはり「アラレちゃんか・・・」と思っただけはあります。女性向けなのでメンズよりかは小さく、かといってウエリントンなので適度な大きさ。今のスクエアタイプとは違った雰囲気が楽しめそうです。

 価格も5990円ポッキリだったので、お試し感覚。実際に手元に届いて着けてみた感じをみてみないと何とも言えませんが、これはこれでJINSでも良いんじゃないか・・・と思っています。JINSのメガネ10本くらい買える999.9も素敵ですが、フレーム云々よりも画期的なレンズが登場しない限り、残念ながら僕にとってメガネは「消耗品」です。
 画期的というのは、僕のように視力が悪い人間でも、細い細いメタルフレームのデザインを損なわない超極薄レンズが違和感なく装着できるようになるということ。残念ながら、どのお店で尋ねても、メタルフレームは止めておいた方が・・・と言われる身としては、そう思ってしまうのです(川崎和男さんには悪いですが・・・)。

Ad

2010-11-13 | Posted in 日々のこと, 衣のこと, , Comments Closed