ラベンハムのキルティングジャケット・デンハム ジャケパン・スーツにも合う便利な定番アウター

ラベンハムのキルティングジャケット デンハム

 これから益々寒くなってくる11月、冬支度として、SHIPS別注のラベンハム(LAVENHAM)・キルティングジャケットはデンハム(DENHAM)を定番アウターとしてセレクトしました。ラベンハムのキルティングジャケットのなかでも、少しだけスマートな細身のタイプです。

 ファストファッションの世界では、今年の冬、軽い軽いダウンジャケットが席巻してそうですが、普段のジャケパンスタイルやたまに着なければならなくなるスーツにも合うアウターとして考えると、ダウンは不釣り合いになってしまいます。
 ジャケット姿でも羽織って様になるアウターとして、キルティングジャケットかダッフルコートで迷いはしましたが、軽さをとってキルティングジャケットに。

 キルティングジャケットの定番はイギリスのラベンハムかマッキントッシュ。マッキントッシュも探したのですが、雑誌の影響か(『Begin・ビギン』でも大々的にプッシュしていましたから・・・)、某セレクトショップでは12月まで待ちの状態。
 ならば、ここは最近の自分なりのスタイルであるトラディショナルという観点から、キルティングジャケットの本家本元、元祖であるラベンハムという事で、丁度サイズがあった京都SHIPSでポリエステルタイプのブラック(黒)を選択。ポリエステルであれば、少しまだ肌寒い春先などでも着やすいので、重宝しそうです。サイズは、下にマーガレット・ハウエルのモールスキンジャケットを着込む事も考えて、36を選択しました。

 まだ本格的な冬は到来していないのですが、昼はそこそこ暖かいけれど朝晩は冷え込むという、出がけの洋服選びを悩ます季節ですが、基本的に内勤という身なので、既に11月に入った段階で本格的にラベンハムのキルティングジャケットをおろしています。

 真冬では恐らくダウンジャケットの方が暖かいとは思いますが、キルティングジャケットの下には厚手のモールスキンジャケットを着込むというスタイルなので、そこは楽観視しています。あとは、マフラーと革手袋で十分防寒できるでしょう。

 キルティングジャケットの元祖、英国ラベンハムのデンハム。自分なりのシンプルかつトラディショナルなスタイルにも十二分に合うので、長らく定番として愛用することでしょう。

Ad

2010-11-08 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed