日々の365 #006 マーガレット・ハウエルのモールスキンジャケット

マーガレットハウエルのモールスキンジャケット

 マーガレット・ハウエルの洋服は、堅すぎず柔らかすぎず、どのアイテムも品が良く、昔から気になっていたイギリスのブランドだったのですが、初めて手にしたのが秋冬用のモールスキン・ジャケット。
 マーガレット・ハウエルといえば、ブランドの象徴としてメンズの白いシャツが定番商品として有名ですが、その上から羽織るジャケットも素敵なアイテムが多々あります。

 マーガレット・ハウエルのファッションアイテムはモノトーン調のものが多く、シンプルで過度なブランド主張をしていないせいか、他のブランドでももっと手軽に購入できる似たようなジャケットは多々ありますが、試着してみると何故かマーガレット・ハウエルのモールスキンジャケットの方が自分自身にしっくりときてしまうのです。
 それは細かいディティールの違いだったり、同じブラックでもその漆黒度の違いだったり、適度に品が良く肩肘張っていない感がとても魅力的です。

 オトコが黒のジャケットを羽織って街を歩くというと、とかく戦闘的な雰囲気になりがちですが、マーガレット・ハウエルのモールスキンジャケットの場合、品の良い「崩し」というか「クタッと感」がカラダにまとわり、落ち着きと余裕を自分自身が意識せずとも与えてくれます。

 適度な上品さとカジュアル感があるジャケットなので、ビジネスの場でもオフの日でも、何処へ着ていっても様になります。キレイめのどのようなパンツでも合いますし、デニムジーンズでちょっと80’sに戻った感じで街を歩いても良いでしょう。

 ジャケットはどんなブランドもそうですが、自分のカラダに合ったサイズをしっかりと見極めて手にしましょう。サイズの合っていないジャケットほど格好悪いものはありません。秋冬物のジャケットとなれば、その下にベストやセーターを着込むこともあるかもしれませんが、個人的には着ぶくれが嫌いなので身につけません。白いベーシックなコットンシャツ(もちろん下着のシャツなんて着ずに)の上に、そのままマーガレット・ハウエルのモールスキンジャケットを羽織ります。

 アウターを着るほどではないけれど、少し肌寒いなと思ったら温かいモールスキンジャケットにマフラーを巻きましょう。冬に向けて日々厳しくなってくる寒さに追いつくようにではなく、先手を打って温かい格好をするように心がけています。オトコが猫背になって寒そうに街を歩く様ほど格好悪いものはないのですから。

[MARGARETHOWELL, モールスキン・ジャケット]
Brand:MARGARETHOWELL (England)
Price:59,850円

Ad

2010-11-06 | Posted in 日々の365, 衣のこと, , , Comments Closed