10月は秋冬ファッションの検討

ジャケパンにアニアリのトートバッグ

 11月に入りました。京都はこれから紅葉見物やらで観光客の方々でより一層賑わう季節です。月が変わったので、取り敢えず先月の私生活のまとめなど・・・とは言っても、特に何も変わりはありません。

 10月に入り着々と進めてきたのは、自分なりの秋冬ファッション関連の検討と整理。辿り着いたのは、マーガレットハウエルのモールスキンなジャケット、その上からでも羽織れるラベンハムのキルティングジャケット、リーガルのストレートチップな黒革靴の三点。シャツとパンツは無印良品です。
 基本的にこれらのアイテムで冬まで過ごすと思うのですが、恐らく、革手袋とユニクロのヒートテックなタイツが加わることでしょう。
 全てトラディショナルでシンプルかつベーシックなアイテムで、この冬もそれから来年以降も愛用する品々です。

 カバンに関しては、愛用のアニアリのトートバッグの使い勝手に惚れ直しています。主にサイジングなのですが、ジャケパンスタイルでトートを手持ちした場合、アニアリの大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ感は、心地よさすら感じます。

 一方、ゴールデンウイークから進めてきたダイエットですが、基本的に食事節制だけで9月終わりと比較して-0.7kgの61.5kg。当初と比較して-7.8kg。これからも粛々とダイエットしていき、取り敢えず50kg台に確実に落ちるまで頑張ろうと思います。

 11月に入り、取り敢えずはファッション関連の買い物も一段落したので、部屋の片付けや日常アイテムの整理検討などをすすめていくでしょう。そして、残るは手帳病の裁ち切り・・・。12月スタートを目指して、シンプルかつトラディショナルな視点から手帳選びの最終決断をしたいものです。

Ad

2010-11-01 | Posted in 日々のこと, Comments Closed