アシックスの専門店・歩人館で両足のサイズをスキャン計測してもらいました

アシックス歩人館での足サイズ測定

 先日購入したリーガルのストレートチップ黒革靴を履いていたら、予想通り革靴の宿命とも言うべき靴擦れが起きてしまいました。これまでも靴擦れは何回か経験しているのですが、今回は右足親指付け根の皮がめくれ、激痛で歩けないほどになってしまいました。急遽、薬局に飛び込み、絆創膏で応急処置をしたのですが、慣れか革が馴染んできたのかは分かりませんが、徐々に靴擦れも起きなくなってきました。
 今ではリーガルのストレートチップを購入して心底良かったと思えるほど愛用しているのですが、靴擦れを機に他の靴屋さんも覗いてみようと思い、京都にあるアシックスの歩人館へ。

 アシックスの歩人館でのお目当ては、もちろんストレートチップなビジネスシューズ。Runwalkというシリーズが前から気になっていたので、その旨を伝えると同時に、足のサイズも測って貰いたいのですが・・・と切りだすと、スキャンして頂けるとのこと。
 両足の何カ所かに印のシールが付けられ、片足ずつスキャン。通常のスキャナの上に足首も覆うような感じな足入れが付いていての計測でした。そして頂いたのが、上の結果シート。

 実は自分の足のサイズなんてちゃんと測って貰ったことがないので、その小ささと足幅サイズに少々驚きました。左足:23.79cmの3E、右足:23.86cmの2Eでした。右足の方がほんの少し長いですが、これまでいつも右足の靴が大きめに感じられてきたのは足幅のせいだった事が判明。

 サイズからしたら、リーガルのストレートチップ(23.5cmの3E)はもしかしたら少し小さいのかもしれません。履いている感覚としても、本当にほんの少しだけ窮屈。もっとも24.0cmもリーガルで試しているのですが、そのサイズだと少し大きめな感覚。好みで23.5cmを選んだので、しばらくはそれでいこうと思います。

 サイズを測って貰い、お目当てのRunwalkを履いてみたのですが、色々不思議な感覚でした。ソールがランニングシューズみたいというかそれ系統の最新テクノロジーが詰まっているので、革靴を履いている感覚は感じられません。歩きやすそうなことには間違いなさそうですが、アシックスで24.0cmだと甲の部分が窮屈、24.5cmだと甲は大丈夫だけど長さが大きすぎ云々で、丁寧にお礼とお断りをして、結局購入は見送りました。デザインも好みの保守的なスタイルではなかったというのも正直なところあります。ノーズが少しだけ長いんですよね・・・。

 シューズメーカーや型によって、今回計測して頂いた結果がそのまま商品カタログスペックと一致するとは限りませんが、スキャンしてしっかりとした数値でもって自分の足のサイズが判ったので、歩人館には感謝しています。
 外回りの営業の方などにはアシックスのRunwalkはオススメだと思います。デザインも様々なタイプがあるので、気になる方はアシックスの専門店で足のサイズを計測して貰い、検討されてみてはいかがでしょうか。

 最後に、個人的に気になるのは、結果シートの右側の図。右足の方が多少内側にずれているのが判ります。丁度夏に椎間板ヘルニアで右の腰と足をやってしまった事もあるので、このずれはかなり気になります。多分、何かしらの因果関係はあるのでしょうね・・・。

Ad

2010-10-30 | Posted in 日々のこと, Comments Closed