マーガレット・ハウエルのモールスキン・ブラックジャケット 品のある秋冬定番の一着

マーガレットハウエルのモールスキンジャケット

 秋冬用の個人的な定番ジャケットとして、先日、マーガレット・ハウエルのモールスキンなブラックジャケットを購入しました。店員さん曰く、「女性向けの定番であったモールスキンを男性向けでも展開しました」とのこと。非常にスマートというかキレイめで艶感と品のあるカジュアルジャケットです。

 マーガレットハウエルのジャケットを選んだのは、ブランドが持つ哲学に非常に感銘を受けたためdす。シンプルでブリティッシュ・トラディショナルだけれども、日常使いもしやすいデザインがマーガレットハウエルの持ち味だと感じています。

 実はJR京都伊勢丹のマーガレットハウエルを初めて訪れた際は、別のよりカジュアルな雰囲気のあるインディゴカラーなコットンジャケットを考えていたのですが、店員さんが薦めてくれたのがこちらのモールスキンのブラックジャケット。
 その際に着ていた個人的にはもはや定番となった無印良品のオーガニックコットンシャツ&グレーのコットンパンツスタイルに、このモールスキンのジャケットを合わせるとかなりスッキリとして良い感じに思え、後に購入に至りました。

 因みにサイズは一番小さなSサイズ。身長が低いので、これで丁度ピッタリです。もちろん、ボタンを留めても(最近のダイエット効果のお陰で)つっぱり感はありません。袖口もちゃんとシャツが覗くので大丈夫。
 初めて試着してしばらく悩み、後日購入に至ったのですが、購入直前に再度Mサイズも試着しました。やはり若干大きく、袖も長め。その際に店員さんと話した時に分かったのですが、仮に袖丈を詰める場合、袖口を詰めるのではなく、ちゃんと肩から詰めると伺いました。袖丈が長くてお悩みの方も、これならば袖口とボタンの位置関係の不格好さも気にならないはずなので、安心して袖直しを頼んでみてはいかがでしょう。

 一週間近く平日も休日も羽織っていたら、少しずつカラダに馴染んできた感があるので、改めてマーガレットハウエルのジャケットの良さを感じた次第です。
 モールスキンなのでさすがに春夏は着用できませんが、秋冬用のジャケットとしてはこれ一着で個人的には大丈夫。品のある雰囲気をジャケット自体が醸し出しているので、正直、何処に着ていっても恥ずかしくありません。
 マーガレットハウエルのモールスキンなブラックジャケット。僕のワードローブに末永く定番として佇んでいることでしょう。

Ad

2010-10-20 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed