日々の365 #003 オリジンでスクエアなG-SHOCK

G-SHOCK GW-5000-1JF

 時計をファッションアイテムの一つとして選ぼうとすると、デジタルなのかアナログなのか、ソーラーなのかクオーツなのかはたまた自動巻なのか、カタチはどうする、ベルトの材質はどうしよう等々、様々な個人的好みがせめぎ合い、なかなかこれといったお気に入りの時計というのは見つからないものです。
 そのようななかで、シンプルに日常生活で気兼ねなく使えて頼りがいのある時計となると、非常に消極的な選択になるのですが、カシオのG-SHOCKをオススメします。様々なタイプとが存在しますが、正確な時間を素早く知りたいならば、オリジンでスクエアなタイプで決まりでしょう。

 普段の通勤中はもちろん、休日でも基本的に白シャツとジャケットという、いわゆるジャケパンスタイルを貫くようになって、可能な限りジャケットスタイルにも合うデジタル表示のG-SHOCKを選ぼうと決めて辿り着いたのが、オリジンタイプでスクエアなGW-5000-1JFです。オリジンタイプの最高峰であり、正真正銘の日本製、Made in Japan。

 本当のオリジナルタイプと比較して、色合いは艶が抑えられ、液晶周りの不格好な赤いラインもありません。ある程度、G-SHOCKであるという主張が抑えられているデザインとなっています。重厚なスクリューバックが採用されていますが、シャツの袖口が過度に引っかかるほどの厚みはありません。

 ジャケパンスタイルやスーツにG-SHOCKという組み合わせは、トラディショナルな観点からは明らかにNGかもしれませんが、時計を何本も持つというスタイルは個人的に無駄に感じています。
 だから、激しい仕事の時にものんびりとした休日の時にも、文字通り365日如何なる時でも身につけていていられる、大人な雰囲気を醸し出しているスクエアなGW-5000-1JFが気に入っています。

 普段の生活で使う時計はこれ一本で十分です。少なくとも、この時計がそぐわない場所には、僕自身は、恐らく滅多なことがない限り足を踏み入れることは無いでしょう。

[CASIO, G-SHOCK (GW-5000-1JF) ]
Brand:G-SHOCK (Japan)
Price:39,900円

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック ORIGIN タフソーラー 電波時計 MULTIBAND6 GW-5000-1JF メンズ

Ad

2010-10-03 | Posted in 日々の365, , , Comments Closed