2011年の手帳選び #3 フランクリンプランナー・ビジネス・オーガナイザー

フランクリンプランナー ビジネスオーガナイザー

 あの分厚く重厚な雰囲気を醸し出しているシステム手帳タイプのフランクリンプランナーに何度も挫折している事を、いつも頭の片隅に忘れずにおいているのですが、毎年気になるのはフランクリンプランナーの動向。
 特に、今年に手帳関連事業が日本の文具メーカー・ナカバヤシに譲渡されるという、大きな変化があったので、2011年度の動きというか新商品をチェック。
 もちろん、気になったのは綴じ手帳タイプ。

 これまで発売されてきたA5・B6サイズのフランクリンプランナー・オーガナイザーや、コンパクトでスリムタイプの『7つの習慣プランナー』などは、購入までは至りませんでしたが、全て店頭でチェックしていました。
 購入を見送ったのは、オーガナイザーはカバーがイマイチであることと重すぎること、スリムタイプは当時の僕としては小さすぎたことです。そして、何より、人生の価値観等のフォームがどうしても埋めきることができないと考えていたからです。仕事場でも開くものですし、そもそも、価値観フォームで自分自身が大きく変われるとは思わなかったこともあります。

 そんな折、2011年度版の新製品をチェックして見つけたのが、フランクリンプランナー・ビジネスオーガナイザー。スリム版から大きくなったB6サイズで、ウイークリーバーチカルタイプ。他の手帳との違いは、見開きウイークリーの左に、フランクリンプランナーの真骨頂ともいうべき一週間コンパスがあらかじめ印刷されていること。

 B6サイズにはセット内容としてフランクリンプランナーガイド(恐らく、人生の価値観等の説明やフォーム)が記載されているのですが、スリムタイプには別冊でプランナーガイドが用意されています。B6版も別冊であれば、気になる人は取り外して利用できるのですが、今現在どのようなスタイルかは不明です。

 フランクリンプランナーの7つの習慣フォームや人生の価値観などのページは、正直、個人的には要らないと考えています。必要とあらば、ノートページに自分なりに記載します。ただ、恐らく他の綴じ手帳を利用しても使いたいツールとして、一週間コンパスが挙げられるので、このビジネス・オーガナイザーには興味がそそられます。

 他の気に入ったサイズやフォーマットの綴じ手帳を購入しても、フランクリンプランナーでアクセサリーとして販売されている一週間コンパスだけ買って活用すれば良いのですが、さて、どうなることでしょう。

 シンプルに、よりビジネスライクな雰囲気で誕生したフランクリンプランナー・ビジネスオーガナイザー。フランクリンプランナーガイドの別冊云々は分かりませんが、この辺りは、日本のビジネスマンの心情を理解しているであろう、ナカバヤシの意向が反映されたのかもしれません。

 今の多忙なタスク処理や時間配分を上手く回していくためには、さすがにマンスリーだけでは不十分なので、来年度の手帳はウイークリーもしくはデイリータイプになるのは間違いありません。そして、できるだけコンパクトで持ち運びやすいモノを考えています。今回触れた、フランクリンプランナー・ビジネス・オーガナイザーは選択肢の一つとして残っていくでしょう。
 フランクリンプランナー好きの方や、今までどうしても使いこなせなかった方々、一度、このビジネスオーガナイザーを試されてみてはいかがでしょう。

Ad

2010-10-01 | Posted in 技のこと, Comments Closed