マーガレットハウエルのモールスキンジャケットが気になる

MARGARET HOWELL 2010/AW

 9月の三連休の中日の今日、人生初とは大袈裟過ぎるかもしれませんが、初めてマーガレットハウエルの服に袖を通しました。マーガレットハウエルは、ブリティッシュトラディショナルの中にも日常使いなテイストを感じさせるマーガレットハウエル女史のブランド。シンプルかつトラディショナルな生き方を模索している僕にとって、ある意味憧れのブランドだったりします。

 流石に日常使いのシャツまでマーガレットハウエルという贅沢は出来ないので、少し前から考えていた評判の高いジャケットを試着しました。場所は京都駅の伊勢丹。
 適度なウオッシュド感のあるスミクロのワークジャケット(Mサイズ)は、少しカジュアル過ぎる感もありましたが、春も着れるようなコットンジャケット。
 そしてもう一着は、モールスキン生地を使った綺麗目のブラックジャケット(Sサイズ)。ワークジャケットよりも温かく、個人的にはお気に入りの一着になりそうな予感がしました。

 気軽にポンと買えるようなお値段ではないので、今回は保留しましたが、多分・・・といった気持ちです。店員さんも良い感じでマーガレットハウエルに通い詰めてしまいそうな危険な気分になりました。
 それにしても、無印良品のコットンシャツにパンツ姿の僕なんて、恐らくマーガレットハウエルの店員さんにしたら接客しやすかっただろうな・・・。無印とマーガレットハウエルって結構かぶりますから。

※画像はマーガレットハウエル公式Webからの引用

Ad

2010-09-19 | Posted in 日々のこと, 衣のこと, , , Comments Closed