カシオ G-SHOCK GULFMAN(ガルフマン) ビジネスにもプライベートにも活躍すること間違いない腕時計

CASIO G-shock, GULFMAN

 今年の春、5年ぶりくらいに腕時計を換えました。理由は電波時計で正確な時刻を常にチェックしたかったことと、職場の環境柄、防錆性が求められるようになったから。
 以前はSwatchのIRONYを愛用していたのですが、上記のような理由のため、今回はCASIOのG-SHOCK GULFMAN(ガルフマン)を購入。

 GULFMANはベゼルにチタニウムが用いられています。これにより、軽量かつ様々な環境での耐食性に優れているのが最大の特徴。小柄な身としては、ゴツゴツしたG-SHOCKは大きすぎるかもしれないと思ったのですが、実際にお店でチェックしてみると、腕が多少細くても問題ないと分かり、購入に至りました。

CASIO G-shock, GULFMAN GULFMANの裏側には、電波アンテナを背負った亀があしらわれています。
 GULFは英語で深淵の意味でしょうか。ダイバーズウオッチのようなイメージとして捕らえても良いのかもしれません。

 ベゼルだけではなく、見える表面の金属は殆どチタニウム製。これにより、仕事の現場で錆など気にせず作業が出来ます。また、G-SHOCKならではのゴツゴツしたデザインですが、個人的には事務仕事でスーツ姿の場合でも、あまり気にせずフィットすると思います。仕事上スーツ姿で色々回ることもあるのですが、このGULFMAN一本で全てこなしています。もちろん、電波時計なので、常に正確な時刻を知ることが出来ます。このあたりもビジネスシーン上、重要ですね。

 簡単にまとめると以下のような感じです。

・チタニウムにより高い耐食性が実現
・電波時計なので正確な時刻把握が可能
・スーツ姿にもフィットするデザイン

 もちろん、数多くあるG-SHOCKの中には、上記の項目を備えている機種もあるかもしれません。また、特にデザインの問題では、このGULFMANより優れたもの(スーツ姿にフィットという点で)も多々あります。
 その辺りに関して迷いがなかったかと言えば嘘になりますが、価格の手ごろさからGULFMANにした次第。

 個人的には、このGULFMANが壊れてボロボロにならない限り、新しい腕時計はいらない程です。ビジネス(ON)でもプライベート(OFF)でも活躍してくれることでしょう。特にスポーツとして自転車に乗る機会が多い身としては、気兼ねなくガシガシ使える時計は貴重です。

CASIO (カシオ) 腕時計 G-SHOCK GULFMAN タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 GW-9100-1JF

Ad

2008-11-02 | Posted in 衣のこと, , , Comments Closed