『トシガイ』を観て「時間」と「経験」どちらが大切か考えてしまう

Toshigai, Japanese TV Program

 日本テレビ系で深夜放送されている番組『トシガイ』が面白い。起きている時は大抵チェックしている。
 
 自分の年齢X壱万円=「トシガイ」。
 人生と同じ重みを持つメモリアルな年齢買い。


 もし番組と同じように、今この時にトシガイ金額を手渡せたら、恐らく一気に使ってしまうかもしれない。もちろん、番組の趣旨通り人生を豊かにするために。
 欲しいアイテムは数多くあるけれど、トシガイとしての使い道は海外旅行しか思いつかない。パリ、ベルリン、サンフランシスコに出かけて古本屋や蚤の市を巡り歩きたい。それが、自分の将来にプラスになると信じているからだ。

 そんな事を妄想していると、トシガイだけでは海外旅行代金を全てまかなえないと思い始める。そう考えると、大して重みのない金額に思えてくるのは不思議だ。自分の人生の値段=年齢X壱万円と考えるとなおさらだ。

 そう思い直すと、一番価値あるモノは、結局「時間」ということになる。時間をお金で買うことこそが一番の贅沢であり、人生を豊かにするという考えに行き着く。そう考えると…思考はループしていく。

 「時間」は大きな価値を秘めているけれど、それでは「経験」はどうだろう? 「時間」と「経験」はどちらが価値あるものなのだろうか?
 恐らく、それは人それぞれの年齢と経験値に依存するものかもしれない。若い人にとっては経験の方が価値があるだろうし、ある程度年齢を重ねた人には時間の方が価値がある。

 「時間」と「経験」はどちらが価値あるものなのだろうか?

 重くはないけれど、色々考えさせられるテーマ。大人になった証拠でしょうか。

Ad

2008-02-02 | Posted in 心のこと, , , , Comments Closed