コクヨ NEO CRITZ ペンスタンドにもなるペンケース モバイルオフィスに最適

KOKUYO, NEO CRITZ, Pen case

 最近、オフィスのフリーアドレス化やユビキタスな仕事環境について興味がある。ワークスタイル(Workstyle)に限らず日常生活にも、このノマド(Nomad)な様式を積極的に取り入れていこうと思っている。自宅は特に贅沢な書斎スペースを占拠することは難しいので、これらモバイルな環境は少なからず役に立つだろうと心に言い聞かせる。

 さて、ノマディックなワークスタイルの鍵の一つが、日常必要となってくる文房具のスマートな整理。そこで、ここ一週間ほどコクヨ(KOKUYO)のNEO CRITZ(ネオ クリッツ)という、筆立てにもなるペンケースを使用したのでレビューがてらの感想を。

KOKUYO, NEO CRITZ, Pen case 初めの写真もそうだが、普通の筆箱なんだけれども、綺麗にペン立てにも変身するところが、このNEO CRITZの特徴。リリースされて一年が経つけれど、別デザインのCRITZとしてはその前から存在する。
 容量もかなりのもので、写真のように様々な文房具を収めることが可能。

KOKUYO, NEO CRITZ, Pen case 本体下部にPP製の芯材を入っているため、机の上に立てることができ、ファスナーを開けて上部を折り捲ればペンスタンドとしても使用可能。消しゴムなどの小物を分けて収納できるように、2つのポケットが設けている。

KOKUYO, NEO CRITZ, Pen case 結構な種類の文房具を収納しても、ファスナーを閉めれば美しいフォルムを保っている。

 今回、モバイルオフィスへの実戦に向けて、コクヨのNEO CRITZをレビューした。このブログ全体のテーマでもある旅のスタイル・ノマドな生活にも、このペンスタンドにもなるペンケースNEO CRITZに出会えたことは嬉しい。
 デザイン的に少々カジュアルだけれども、安価なのでオフィスのフリーアドレス化が気になる方は是非。

KOKUYO F-VBF121-2 ペンケース〈NEO CRITZ) グレー

2007-11-28 | Posted in 技のこと, , , , , 1 Comment »