吉田カバン・ポーター・ブラックパターンシリーズ・コインケース 一日の支出管理に小銭入れを活用

Coin Case, PORTER, Yoshida-kaban

 最近、金銭管理の意味も込めてコインケース(小銭入れ)を持ち歩くようにしている。カードや大きなお札等は従来の財布に入れ、コインケースには一日に必要な金額だけをその都度補充し、一日の支出を少し厳しめに管理しようという訳だ。

 購入したコインケースは、吉田カバン・POTER(ポーター)のブラックパターンシリーズ・ロゴ。開きやすい小銭入れだけではなく、小さなポケットも付いている。普段ポケットには、お札を八折りにして忍ばさせている。


Coin Case, PORTER, Yoshida-kaban 表地はポリエステルジャガード織り、内装はナイロンツイル。表面には生地の織りの段階で柄を入れた手の込んだオリジナル生地が採用されている。
 ブラックパターンシリーズには、柄として幾つかパターンがあるけれど、セレクトしたのはPOTERロゴ。

Coin Case, PORTER, Yoshida-kaban コインケースには、キーフックが付いているのでキーケースのような使い方も可能。

 一日に遣う小さな金額をコインケースに収めて、生活する。昼間に少し高めのランチをしたのであれば、夜はその分質素な食事にする。そんな風に管理して、厳格な節約生活というよりも、支出管理の一端を小銭入れで実現したい。

Ad

2007-11-26 | Posted in 衣のこと, , Comments Closed