持参のOXOタンブラーでスターバックスコーヒーを20円値引きでオーダー

Bicycle and OXO Tumbler

 スターバックスにマイタンブラーを持参して、20円引きで美味しいコーヒーを頂く。前々からやってみようと思いながらも、気恥ずかしさを感じていて行っていなかった。今回購入したばかりのOXOタンブラーで試してみた。

 今までタンブラー持ち込みを行っていなかったのは、「もしかして、スタバ純正のタンブラーしか受け付けていないのでは?」と思っていたから…。もちろん、ネットで自分のお気に入りの水筒やマグを持参しても、珈琲を入れてくれるのはチェック済だったのですが、「本当かな…」と思っていたのが正直なところ。


 少しドキドキしながら、スターバックスへ。本日のコーヒーをオーダーすることに。

 「あの…持参のこちらのタンブラーにお願いしたいのですが…」
 「分かりました。サイズはどちらにしましょうか?」
 「うーん…グランデで、お願いします」

 ここでオーダーミスしてしまった。OXOのリキシール・タンブラーの容量は400ml。グランデの480ccは明らかにオーバーする容量なのだ。
 しかし、こちらが訂正するよりも早く、スターバックスの店員さんが気づき、結局トール(360cc)をオーダーし直すことに。およその容量の目安はタンブラーの大きさで分かるのでしょうが、素直に「さすがスターバックス…」と感心した次第。

20yen Back, Starbucks

 アッサリと持参のOXOタンブラーにコーヒーを入れて貰えて、そして予定通り「カップ値引」として20円値引きされて、美味しく熱いコーヒーを啜ることが出来た。

 本来、このタンブラー持参は、資源節約・エコロジーな観点から提案されているサービス。それでも、一日に複数回スタバを利用するオフィス街のビジネスマンには、この20円値引きは嬉しいものかもしれない。

 今回、スターバックス純正タンブラー以外のマグでも、20円カップ値引きで気軽にコーヒーをオーダーすることを、改めて確認することが出来た。
 これからの寒い季節、外出時(もっぱら自転車だけれども)、お気に入りのタンブラーを抱えてスターバックスに駆け込むことにしようと思う。

Ad

2007-11-11 | Posted in 食のこと, , , , , , , Comments Closed