アル・ゴア氏 2007年ノーベル平和賞受賞 Appleからメッセージ

Apple.com Top page message with Al Gore, The 2007 Nobel Peace Prize

 元アメリカ合衆国45代副大統領、アル・ゴア(Albert Arnold “Al” Gore, Jr.)さんが、2007年ノーベル平和賞を受賞した。彼が取締役を務めている米アップル社のサイトでは、HotNewsやTopPageで祝福のメッセージを掲載していた。

 ノーベル平和賞受賞の理由は、人為的気候変動(地球温暖化)についての問題点を広く知らしめ、気候変動防止に必要な措置への基盤を築くために努力したことに対して。


 アル・ゴアと言えば、情報スーパーハイウェイ構想を推進するべく、連邦政府によるコンピューター教育研究センターの設立を要求する法案を提出したことで知られている。それが今のインターネットに繋がった。ゴアさんがインターネットを発明したわけでは決してないけれども、少なくともネットインフラの構築・拡大の一翼は担ったと思う。

 今回、ノーベル平和賞を受賞したのはアル・ゴアさんの環境問題に対する取り組み姿勢が大きな理由。2007年初頭に公開された映画『不都合な真実』は有名だ。書籍よりも映画の方が環境問題をダイレクトに感じることができる。

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション 不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
 地球の危機を訴えるアル・ゴア元アメリカ副大統領のスライド講演の模様を、彼自身の独白を交えつつ構成した97分間の衝撃ノンフィクション!世界各国での講演は1000回を越え、30年以上にも渡るその活動は「人類が地球のために何ができるのか」を訴え続ける闘いの日々であった…。
 アカデミー賞2部門(最優秀長編ドキュメンタリー賞、最優秀歌曲賞)受賞作品。

 この『不都合な真実』に関しては、ECO活動に役立つネットツールと共に別エントリーで紹介した。カーボンオフセット問題と合わせてどうぞ。

カーボンオフセット ネットを利用した個人レベルでの環境保全活動
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション

Ad

2007-10-16 | Posted in 住のこと, Comments Closed