映画『かもめ食堂』 心のこもった料理があれば心は通じる

かもめ食堂 [DVD] かもめ食堂 [DVD]
 制作年:2006年
 制作国:日本
 出演:小林聡美 片桐はいり もたいまさこ マルック・ペルトラ ヤルッコ・ニエミ

【あらすじ】
 フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。主は日本人女性のサチエさん。メインメニューはおにぎり。でもお客さんはなかなかやってきません。サチエさんは扉が押される日を待ちながら、食器を磨き続けます。
 ある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミがやってきました。日本かぶれの彼に、『ガッチャマン』の歌詞を聞かれたサチエさんは出だししか思い出せません。続きが気になって仕方ないサチエさんは、カフェで見かけた日本人女性に声をかけるのでした。


【レビュー】
 つい最近、深夜地上波で放映されていて眠い目を擦りながら観てしまった映画『かもめ食堂』。公開時はチェックしていなくて、初めて本作の存在を知ったのはJALヨーロッパ機内のスクリーン。フィンランドが舞台で女性三人の静かな映画という事くらいしかチェックしていなかった『かもめ食堂』。

 作品の内容はあらすじ通り。驚くようなどんでん返しやロマンスもないし、ましてや「泣く」映画でもない。観終わった後、良い意味でココロにポッカリと穴が開くようというか、心の風通しを良くしてくれる。

 小林聡美さん演じるサチエさんがたった一人で開いている食堂・かもめ食堂。日本かぶれの地元青年が尋ねてきたガッチャマンの歌詞がきっかけで片桐はいりさんと知り合う。歌詞を教えて貰ったお礼にと自分の家に招くサチエさん。 失礼な話かもしれないけれども、年齢を重ねてきた女性ならではのお互いを探るような出会った頃の会話に織り込まれている。
 「どうしてフィンランドでおにぎりを?」
 「フィンランドはサーモン、そして日本人も朝食のごはんには鮭…。フィンランド人も日本人も鮭が好きだから…。たった今考えた理由だけれども」
 しかし、小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさん三人とも、殆どお互いの過去やバックグラウンド、フィンランドに来た理由等を尋ねることはない。さらに、お互いを拘束し合うこともない。ある程度「赤の他人」として客観的に見つめ、一定の距離感をもって接する。その間隔が絶妙。

 フィンランド人だからって陽気だったり、日本人と価値観が違うということもない。オバサンはおばさんだし、夫が家から出て行った夫人は悲しむし、店を失ったオヤジは「オヤジ」らしい。

 かもめ食堂。レストランではなく食堂。スシやテンプラは無いけれど、手作りのシナモンロール、煎れたてのコーヒー、カラカラといい音を立てて揚げられるトンカツが並んでいる食堂。心を込められて作られた料理がお客の口に入っていく。

 「自分で煎れた珈琲よりも、誰かに煎れた貰った珈琲のほうが美味しい」
 「自分で握ったお握りよりも、誰かに握って貰ったお握りの方が美味しい」

 他人とある程度の間隔をおいて接していていても、やはり誰かが自分のことを想って心を込めて作ってくれた食事は美味しいと感じますよね。
 
 映画『かもめ食堂』は、ロマンスもフィンランドの観光案内も描写されていない。深い人生模様も描かれていない。ただ淡々と女性三人の他愛もない会話と風通しの良い関係だけが描かれている。極端に言ってしまえば「何もない」映画。
 それでも、きちんと丁寧に作り込まれた美味しい料理が、ある種の「愛情」を伝えてくれる。そこには余計な言葉は要らないのかもしれない。

 北欧フィンランド、そしてカフェ的な役割も果たす『かもめ食堂』。一見するとスローライフが見え隠れするかもしれないけれど、本作品を通じて「自然体こそスローライフ」と感じるようになった。心がこもった美味しい料理があれば、会話が無くとも心は通じる。個人的に理想的なライフスタイル。

かもめ食堂 [DVD]

Ad

2007-09-20 | Posted in 旅のこと, 食のこと, , , , , , , Comments Closed