映画『メッセンジャー』 トーキョーの自転車文化

メッセンジャー メッセンジャー
 制作年:1999年
 制作国:日本
 出演:飯島直子 草彅剛 京野ことみ 加山雄三 矢部浩之 他

【あらすじ】(goo映画より)
 清水尚実(飯島直子)は、イタリアの服飾ブランドのプレスをしているバブリーなキャリアウーマン。ところがある日、本社が倒産。全てを失ってしまった彼女は、よそ見運転ではねとばした自転車便の横田(矢部浩之)に代わりTokyo Expressという自転車便の会社で働くことを余儀なくされる。

 プレスの仕事とは違い、体と汗で金を稼ぐ自転車便の仕事が尚実に合う筈はなく、横田の相棒の鈴木(草彅剛)とも相性は最悪。しかし、横田と別れて田舎へ帰ろうとする恋人の由美子(京野ことみ)に横田から預かった携帯電話を届け感謝されたことをきっかけに、彼女の気持ちは少しずつ変わり始めていくのであった。

 さて、仕事を増やそうと付き合いのあった安宅物産の太田の元へ赴いた尚実は、居合わせたバイク便の細川とどちらが早く配達できるかを競うことになる。そして、鈴木の走りで見事勝利したTokyo Express は安宅物産の仕事を独占することに成功。由美子やバイク便をクビになった服部、警察を定年退職した島野(加山雄三)らが加わり、 Tokyo Expressはにわかに活気づく。

 そんな最中、ニューヨークのNo.1デザイナーとの契約を纏めていた尚実の元愛人で安宅物産の岡野から、尚実に連絡が入った。デザイナーが尚実を気に入っており、契約には是非尚実をプレスにと言っていると言うのだ。尚実自身は自転車便にやりがいを見出していたのだが、横田が退院したのと鈴木との気持ちのすれ違いから、結局彼女はプレスの仕事に戻ることになる。

 そんな折、バイク便の細川は安宅物産の仕事を賭けて再びTokyo Expressに試合を申し込んできた。試合の日、 Tokyo Expressの面々はバイク便と壮絶な配達合戦を展開。細川が仕掛けた汚い手に苦戦を強いられるが、プレスの仕事を捨てて参戦した尚実のお陰でTokyo Expressは勝利。安宅物産の仕事を独占し、尚実と鈴木の恋も成就するのであった。

【レビュー】
 ホイチョイプロダクションの作品でも有名な映画『メッセンジャー』。バブルの香り漂うというか、色々素敵な小物が登場して、ハッピーエンドな内容だけではなく色々楽しめる作品。
 
 自転車好きという観点からすると、作中に主人公たちTokyo Expressが利用するMTBは結構高価なものが多い感じ。今現在の流れ、つまりピストバイク・ロード中心のメッセンジャー自転車からすると、MTBを利用しているTokyo Expressは懐かしい雰囲気が漂っているように感じます。
 小物としても、確かSwatchやNokiaが登場していたはずの本作品。時代としてはかつてのJ-Phoneがケータイの最先端だった頃でしょうか。鈴木(草彅剛)が愛飲するバドワイザーも雰囲気を醸し出していますね。

 自転車vsバイクという構図はちょっと強引と言うか一概にどちらが都市部で便利かは言えないし、Tokyo Expressの面々は少々飛ばしすぎで「暴走」に近くて危なっかしいけれど、ストーリー的には単純で直ぐに引き込まれてしまいます。
 ちなみにTokyo Expressのモデルはティーサーブという自転車便。自転車だけではなく100ccバイクも揃っているトータル・メッセンジャーサービスを提供している会社。

 自転車好きだけではなく、明るいハッピーエンドな物語で幸せな雰囲気になりたいと思う方にもオススメかもしれません。

メッセンジャー

Ad

2007-07-13 | Posted in 日々のこと, , , Comments Closed